to me – BOO BEE BENZ

ねぇ 君は誰 どうしてそんなところで
ヒザを抱え込んで泣いてるの?
あぁ 君はいつかの僕だ
自分だけ置いてきぼり 悲しいんだね

風と緑と戯れたっけなぁ
裸足で噛んだ大地は優しくて
夢を描いた 果てしないまま
いつか途切れると知らないまま

誰もがそれぞれに痛みを背負って
繰り返す今日を必死で生きている
上手に歩けるさ コンクリート道の上
土と風の匂いに振り返りながら

ねぇ きかせてよ 辛かっただろう
誰にも言えずに飲み込んだ弱音を
ねぇ 歌ってよ また綺麗な声で
途中で泣いてもいいから

飛び立つハトに胸は高鳴る
青い空背にして走り出す
入道雲の向こう何を見ていた?
忘れてた気持ちが溢れ出す

怖くなんかないだろう 君の後ろには
小さな足跡 確かにあるだろう
それを疑えば 君がそこにいる意味なんて
どこにもないだろう

君が君自身を信じれないでさ
誰が君の事を信じるの?
自信をもっていいはずさ
もう一度勇気を振り絞る

疑いはしないさ この道の行方
いつかたどり着ける そう信じていく
裸足で歩くのは少し冷たくて
くじけそうになる日もあるんだろう

誰もがそれぞれに痛みを背負って
繰り返す今日を必死で生きている
上手に歩けるさ コンクリート道の上
土と風の匂いに振り返りながら
歩いてく

コメントを残す