いつまで雨やどりを 続けてるつもりだろう夏がふたつも過ぎたのに涙が止まらないのを 雨のせいにしたいんだねこの胸においで なにもかも捨てておいであなただけ連れておいで月さえも眠る夜 いつまでも心閉じて 僕の手を拒むだろう花はいくつも枯れたのに涙が止まらないのを タバコのせいにしてたこの胸においで 誰かと愛し合った過ぎ去った季節まで好きになってあげたい 言葉だけの愛が この街並をかざるあなたに会って 初めて気