幻聴 – BLUE ENCOUNT

誰かの価値を満たして 無難に死ぬより
あなたの勝ちを探して 派手に生きてやれ

幸と不幸を足して2で割ったような現状に
どっぷり肩まで浸かってあたかも生きた気でいた
窓に映るのは自分にうり二つの屍
楽しげに睨んでた

海馬に絡む 拭えないトラウマ

誰かの価値を満たして 無難に死ぬより
あなたの勝ちを探して 派手に生きてやれ
誰かの傷をえぐって 陰で喜ぶより
あなたの背負った希望でそっと抱いてやれ

乾いた唇を舐めたって ひび割れ続けていく
だったら流れる涙を拭いたところで
余計ひどくなるのなら いっそ溺れるまで
悲しみの理由にまみれよう

何もない今日を去なして ヘラヘラ笑うより
とめどない不安だまして 意地でも食らいつけ
何もない己 悔やんで無理に嫌うより
とめどない願望愛して またもがくのさ

ずっと聞こえていた あなたの声に似ていた
本当は知っている「手の鳴る方へは何もない」

生まれた意味を分かって生まれた人はいない
全てはあなた次第だ もうわかるでしょ?

誰かの価値を満たして 無難に死ぬより
あなたの勝ちを探して 派手に生きてやれ
ありえない絶望にだってエピローグがある
変わりたい やっと誓ったその手に幸あれ

今にも飛ばされそうな 風の強い日
暁光に向けて 僕らは歩き出した