ヴァニラ – BLANKEY JET CITY

薄目を開けて見ていた
あの娘は 胸と股間に手を当てて 目を閉じた
そして ゆっくり両手を動かし始めた 小さな声をたてはじめて
見ていられなくなったオレは 息の仕方を忘れる
情熱だけの女 未来の事なんて ひとかけらも頭の中にない
誘われれば 誰にでもついて行くような女さ
刺激的な その名前は ヴァニラ
何処かに 真っ暗な闇が隠れているような声で オレに話しかける

「今度の火曜日がきたら 指先がなくなる」

ロックンロールに合わせて 指を鳴らしたりなんかしない
いつも2階の窓から 通りを行く人達を見降ろすような目つきで
オレに話しかける

「今度の火曜日がきたら 指先がなくなる
それまでは何度でも このピアノを弾く事ができる」

ヴァニラ oh ヴァニラ ピアノなんて何処にもありはしないよ
ヴァニラ oh ヴァニラ ピアノなんて何処にもありはしないよ
ヴァニラ oh ヴァニラ ピアノなんて何処にもありはしないよ
ヴァニラ oh ヴァニラ ピアノなんて何処にもありはしないよ
ヴァニラ