どこまでも白く果てしなく続き見上げるあたしを包み込んでくれたら良いのに 裸足のままで歩くのは痛みで残る足跡に必ず気付いて欲しいから あの日あの手を放した 振り向きもせずにあたしを残してあなたは夢追う人なの「もう会わない」と言ったどこまでも白く果てしなく続き見上げるアタシを包み込んでくれたら良いのに 思い出しては泣くことに疲れた日々にまた風の音が虚しく背中を押す あの日から変われない 醜いアタシをあなたが笑って