Nameless Star – BIGMAMA

暗がりで一人
濡れ衣に震えて
この部屋では名前さえ許されない
悲しくて泣いて
悔しくてもがいて
宛てもなく光を探した

季節は過ぎ行き
皺の数も増え
この部屋では真実に意味などない
苦しくて叫んで
虚しさに打ち拉がれて
呼吸する理由も忘れた
いつかは終わる日が来るのなら
いっその事終わらせてしまおうと
心臓に突き立てたナイフ
強く握り締めて

fall a sleep
Nameless King
最後は一人きり
Winking Winking in your eyes
名も無き光となりて

頬を伝い
忘らるる日々の
温もりが溢れ出す
今日までに流した涙
それとも流させた涙
一体どちらが多いだろう?
いつかは終わる日を迎えるなら
その日まで駆け抜けて行こうと
心臓が高鳴れば合図
旗を掲げて

Twinkle Twinkle
Nameless Star
愛しき思い出よ
Winking Winking in the sky
名も無き光となりて

What a beautiful life

生きたいよこの人生を
心臓が叫んでいる
他の誰かのものじゃなく
僕だけの物語を
知りたいよこの運命を
行き先後書きまで
ありふれた結末でも構わないから
一度きりの物語を

コメントを残す