まわれ まわれメリーゴーラウンドもうけして止まらないように動き出したメロディーLA・LA・LA・LA・LA LOVE SONGWanna Make LoveWanna Make Love Song, Hey Baby… ドシャ降りの午後を待って 街にとび出そう心に降る雨に 傘をくれた君と「まっぴら」と横向いて 本音はウラハラでもそのままでいい お互いさまだからめぐり会えた奇跡がYou Make Me Feel Brand
欲しいものは いつもあふれているから立ち止まってる 暇はないよね刺激がもっと欲しい Bad Dayから Lucky Dayめぐってくるものさ心も体も Shape UpしてMake Up したプライド捨てたらきっと明日は輝けそうだね 甘い恋のかけひきは言葉だけじゃ足りないから痛い事とか恐がらないでもっと奥まで行こうよいっしょに Body & Soul 太陽浴びてBody & Soul 踊りだそうよ同じSt
どんな言葉なら伝わるだろう君を想う時 せつなくて それが報われない夢だとしても君の幸せを祈れるか? ふさわしい恋人になりたい教えて 僕は鏡の中 ため息 愛する人よ 叶わぬ恋よ片思いのくせに なんで…さよなら言えない 僕を許して君じゃない誰かなんて 意味がないよ 風に揺らいでた淡いスカート気まぐれに描いた似顔絵も いつか読み返す日記みたいに君を思い出に出来るかな? 君の視線は僕にないと分かって… だけど見つめる
朝、から 字幕だらけのテレビに齧(かじ)り付く夜光虫。自分の場所探すひろいリビングで、「ふっ」と 君がよぎる 愛をよく知る親友とか に は 話せないし、夢みがち。段ボール の、中 ヒギコモりっきりあのねでもね、ただ…訊いてキイテキイテ ええいああ 君から「もらい泣き」ほろり・ほろり ふたりぼっちええいああ 僕にも「もらい泣き」やさしい・の・は 誰です 乙女座言葉、にすればする程意味がない小宇宙。あげよう
ねぇ 君はなぜ 哀しそうに うつむくの?まぶしいほど 青い空なのにいつからだろう? 君と手を つないでもギュッと握り返してはくれないんだね 何を言えたなら あの日に帰れるの?胸を埋め尽くす不安だけが泣いても 泣いても 消えてくれないの I love you I love you I need you ずっと愛されたいあの頃のように叶わない願いでも この気持ちはいつもそうその胸に届いていますか?I love you I lov
Tale as old as timeTrue as it can beBarely even friendsThen somebody bendsUnexpectedly Just a
Last Christmas I gave you my heartBut the very next day you gave it
曲がりくねった道の先に待っている幾つもの小さな光まだ遠くて見えなくても一歩ずつ ただそれだけを 信じてゆこう 全てを愛せなくても ありのままの心で何かをただ一つだけ愛し続けてる人 その誇らしげな顔には何にも負けないほど大きな 優しさが溢れ出してる 曲がりくねった道の先に待っている幾つもの小さな光まだ遠くて見えなくても一歩ずつ ただそれだけを 信じてゆこう 握りしめた手のひらじゃ 何にも掴めやしないと開い
あてるスポットライトきめるアクション今ここで私達だけのshowのスタートハジからハジまで残さずに連れてくよほら掴まってc’mon everybody please stand upc’mon everybody please hands upさぁ夢のshowの始まりだ 3.2.1 here we go What you
途切れる声 電話越しに二人ぎこちなく擦れ違いの毎日 Lonely 繋いだ手 今は遥か遠くつのる想い 届かせて 涙 溢れてくる 冷たい掌 重ね合わせ 願うよ早く逢えますようにギュッと抱きしめて 凍えそうだよKISSをしてもうひとりにさせないで街の中で つのる想い 二人の愛 強くしていくねそう信じてる今夜も Long Night 解いた手 君が手を振って離れてく 夢を見た 距離に負けそうだよ 君の掌 重ね合わせ 
-泣かないで- 離れてても いつもそばにいるから同じ夜空の下 もしも出逢いが 早かったならこんなに君を 苦しませなかったのに惹かれ合って 傷つけ合ってけどやっぱり君を失えなくて 笑顔に隠した君の涙拭える日を誓おう my true heart あの空に燃え尽きた 二人の愛の欠片胸の奥焦がしてもいつの日か迎えにいく 今この街ではぐれても永遠の愛 捧げ続けるからLovin’ You Lovin’
膝を抱えて ふさぎこんでるキミ全部うまくいかない こんな日もたまにあるさカーテン開けたら 夜明けはすぐそこまでついてなかった日も いつか通り過ぎていく 誰も強くはないさ 流した涙の粒その数だけ少しずつ 跳べる力になる 全力でつかめ! 溢れ出すMy Real Voiceもう一度夢を見て全てはキミ次第なのさ どこにでも行けるキミは自由さ 扉開けたら 風が舞い込んでくる耳を澄ましてほしい ほらエール聞こえるでしょ
君に伝えたい 美しい夕映えを紅く染まってく 胸の痛み 届けて欲しい たまに二人傷つけ合い 失って知った日溜まりこのまま沈んでしまわぬように暖かい君の心 照らして 人は何処へ向かっているのずっと二人ならいいのにね時は二度と戻らないけれど君とだけはずっと—–Just the Two of Us 遠く微かに光る 夜明けがあれば生きて行けるね今は闇の中でも 新たな朝 育まれている 明日素直に打ち明
涙ひとつさえ見せなかった…あの夏の日 そろそろ慣れて来た頃かな 新しい暮らしにはもうきっと私は今も相変わらず踊り続けてるよ 知らない街でキミはどんな風つかんで奔ってるの?遥かな空 話したいことがあるのに空[くう]を切る(この)気持ち涙ひとつさえ見せなかったのはそう(ただ)準備不足よ時が過ぎても キミと見上げてたmoonlight 同じで隣にいまキミがいないだけDon’t stop the musi
微笑んで手を振ろう このサヨナラに約束はしなくても 会える日は来るから冗談を言いあって 笑いころげたなにげない思い出に 今も感じるキズナ 強く目を見つめた 君を忘れないよそうさ これから僕たちは一人でしかもう 歩けない道へ Get a move on! 終わりなき旅が始まる その意味を求めてめぐり遭う夢たちを ずっと 未来に変えながらどこへたどり着くのか 心はもう知っている光のサイン見上げて さあ荒野を進め
通い慣れた街路樹の いつも語り合ってた店今はもうなくなってた みんな移り変わってく あれからみんな それぞれの道ここから旅立っていったもう二度とあの日の笑顔でここに集まる事はできない 約束はいつも 辛い時に 瞬き出すだから私は諦めない 少しずつ強くなってく夢に負けそうに なった時は 見守ってて靴擦れにまだ慣れないけど 信じた道を生きてく あの日描いてた未来  現実は厳しいよね泣き出した空の下で  雨に打