Summer Melt – Base Ball Bear

明るい風に目を細めて
勘で撮った写真を見れば
無邪気な二人が絵になってた

眩しい想像こびりついてる
忘れなきゃいけないとわかってる
汚して楽になろうとしてる

コーヒーの氷は溶け続ける
薄まるの 恋感覚

君に教えてもらったことだって
僕の知識として育ってく
君もそうかなってチクっとする

さよならも上手に出来なくて
最初から違ったと思いたい
幸せだった瞬間(とき)があふれる

コーヒーの氷は溶け続ける
透明へと 近づいてく 少しずつ

そして、氷は溶け続ける
そして、氷は溶け続ける
そして、氷は溶け続ける
そして、氷は溶け続ける

眩しい想像こびりついてる
忘れなきゃいけないとわかってる
「カラン」と音が響いた 秋の始まり