気が付けば夏は また終わっていてもしもあの時僕が なんて 踏み出す勇気も ないこの弱さを遮るようにドアが 閉まる 思ってたより 努力って出来なくて自分を知る度に 自分を諦めて 君は今頃 どうしてるだろう流れてく景色の中 変わらないものを探した 決意が正解で 迷いは間違いで背中を押す 誰かが いてくれたらな 夢は夢のままそのほうがいいの 知りたいのはいつも知らなくていいこと ほとんどがきっと 掴めずにこぼれるそれ