雨の交差点の奥にもうすぐ君が見えなくなるおまけのような愛しさで 呼び止めても傘を叩く音で 届かないだろう 終わったのさ ただ 君と僕の話がエンドロールは無い あるのは痛みだけ ついに呆れられるまで直らないほど馬鹿なのに君に嫌われた後で僕は僕を好きでいられるほど阿呆じゃなかった 今となれば ただ ありきたりなお話言葉にはできない そう思っていたのに終わったのさ ただ 君と僕の話がエンドロールは無い あるの
ここまでおいでよ 君がまだ知らない話をしよう言い換えれば まだ知らないフリしている醜い そして美しい 君がいるから そっちじゃないよ君はずっと違う場所を探してるそこに僕はいないんだ呼んでるのにもういいだろ 頭の中 記憶の中でもないもっともっと近いとこなのに 最深部で悲鳴とSOSがもしかしてそれで笑えているつもりかい最深部で悲鳴とSOSが飲まれただけだろう 人の海に 彩る 担う それはとても 綺麗な模様の
あの夜に帰りたくて思い出を振りかざして祈るようにねだるように合言葉を唱えている 嘘は無い 無い 無かった それでも人生は素晴らしい最後はそう言いたいんだけどこんなに負け越している中で ぼやいても夜の奥に溶けてゆくばかり波の音 逆様の星 行かないで 行かないで一人きりで描き直したけれどあぁまるで片目を瞑ったよう 同じ場所 同じ時間そんなものありはしない分かっていて 繰り返すのさ終わりじゃない 終わりじゃな
雲が避けてアスファルト照らしてそれだけの灯りでもう十分だったり時を超えて探し回ったところでとても見つからない物じゃなきゃ嫌だったり 生まれた時からずっと一緒にいるわりにずいぶん息の合わない 心と私 とめどなく溢れたならいいのに誰にでも分けられたらいいのにああ色味も形も人と違ったっていいんだよ だからもうどこにも行かないでね私も離さないようにするからああ芝生の緑に寝転ぶようにそっと育てられたら 好きになろう
何年 何十年 かけて積み上げてきた道徳および倫理なんてものは知っての通り10パー20パー強め苦いアルコールであれよ あれよ ラッパッパー 何秒 何十秒 前に目と目が合ってもうすでに僕の頭は君で溢れてどうやって悟られたのか君は微笑んでおいで おいで ラララ 斑ら模様の獣がゆらりこっちを狙っているその唇はそこいらのナイフなんかよりずっと艶めいている濡れたオリーブ 指先 絡むような視線で もう逃げられない冷
病んでるって思われたくなくて喋り続けてうっかりもうすっかりバレた 笑顔はビター 繋がるって 寂しさの反対側だからパスワード入れて 逃げ込むのさ 丸め込むのさルルルルルル 起動していますので しばらくお待ちください首を長くしてようやく会えたのは名無しの権兵衛とのっぺら坊や達何これ妖怪大戦争 哀愁ってなんだろうって調べたら説明文自体に哀愁を感じてしまった英語でペイソス みんなと同じ なんかそれじゃ嫌だからって
始まってないけれど終わろうなんて気取ったって酔っ払った帰り道で電話してなんだか今日は涼しいねなんて笑っちゃって何やってるんだろなって思ってはいるんだよ 互いの忖度の末に出た曖昧さを電話に出る君の甘さをこの夏に紛れて どさくさに紛れて どうせなら大袈裟に波風立ててややこしくしたいのだけどこの目眩は君からもらったのに夏のせいじゃ嫌でしょ 入り口はいつだって華やか みんな手招きして無傷で帰れた人のいないワンダ
才能のない奴はやめちまえ黙れよ 戯言山の古ダヌキ 全部が全部 解った調子でどこで拾った物差しなの嗚呼 そんなもんで人の未来を測るんだね ジャンのケンのポンのグーでぶん殴ってよパーでも勝てない丸め込めないグーもあんだよ誰も踏み込めない深い場所で 情熱を押し付けろ 盛ればいつの日か衰える興味ないね そっちはそっちでやっとくれ なんなりとご注文通りにお直し クレームも ああよろこんで 効率 能率 協調性に発想 人
いつの間にやら日付は変わってなんで年って取るんだろうもう背は伸びないくせに着信の音で飛び起きたけど損したな君かと思ったのに 何かの手違いで好きになってくれないかなどうにも君のいない場所は空気が薄くてさ くだらない話は思い付くのに君を抱き締めていい理由だけが見付からないああそうか そうだよなハッピーバースデー 片想いの俺 愛が何かは知らないけれど好きと言う名前の痛みになら詳しいかも君にも教えてあげたいけれ
今日はお忙しい所ありがとうございます早速インタビューから始めさせて頂きます 神様はこれまで様々なタイプの人間をお作りになられて来られたわけですが作品を作る上で心掛けてる事 気を付けている事はあるわけないか ロンリネス そう僕ら ロンリネスじゃあ胸の痛みでも交換しようよ 不適合?わおどんなに身を溶かしても 境界線は鮮やかに 待望の新作のお話のその前にぶちまけた話最高傑作はどこのどいつですか? 失礼いたしまし
僕等は完全無欠じゃ無い原型を愛せる訳でも無いこの無様に移ろう形を安い化けの皮を噛み付き合い 剥ぎ取り合って互いを見付けて来たんだろう補い合うのなんざご免なんださぁ好きに踊ろうぜ 何を創るつもりなんだ自分で散らかした瓦礫の上同じ物を欲しがって同じ時を過ごしたのが運の尽き縁が目に見えりゃもうきっと腐ってる 言葉は2層 面もそう仏の顔だって3度までを天文学的に超えてくる華麗なステップで 僕等は完全無欠じゃ無い
よく晴れた空に 雪が降るようなああ そう 多分そんな感じだ変な例えだね 僕もそう思うよだけど君はそんな感じだ 一体どこから話せば君という素敵な生き物の素敵さがいま2回出た素敵はわざとだからねどうでもいいか 単純な事なんだきっと比べるまでもないよ僕に足りないものを全部君が持ち合わせていたんだ悲しくなるくらいああ それを今数えてた所だよ 不安とか迷いでできている僕の胸の細胞を出来るなら君と取り替えて欲しかっ
どっから見ても子供と呼ぶには無理があるサイズになって駄々をこねても可愛くないので大人になりました 思い通りにいかない事に慣れて親しみすら沸いたついでに忘れてた電気代払いながら今でも夢みてるのさ 教科書の落書きが飛び出したそんなバカなって未来期待してる壮絶なピンチで 目覚める僕のスーパーパワー最後はエマワトソンのキスを ラララ どこからか逃げて来たわけでも導かれた覚えも無く僕を大きくした犯人はおそらく時間で
並木道のやわらかい風はあなたの手のひらみたいに僕の左頬を優しく撫でて 甘い匂い残して消えてゆく さよなら 二人で言い合ってそれで一体何が終わったの?この想いと伝えたい言葉が行き場を失くしただけでしょう 春を音にしたような声で もう一度僕を 僕の名前を呼ばれたら何も言えないからせめて泣かないようにしよう 強くなりたいと願う度にひどく虚しい気持ちになる強くなれたってその姿を見せたいのはまだあなただから そうだ
目を凝らした途端に景色はぼやけるそれが大事なものならなおさら見えなくなってゆく耳を澄ましたら余計に聴こえなくなるんだ人ごみの中にいればなおさら遠くなってゆく 答えは無いとゆうのが答えですそんな問題ばっかりでどうすればいいのか何の為に歩いてゆこうきっと簡単な事だよ全部思い込めたなら そういつだって不安なんだ怖くて怖くて仕方がないよ慢心と絶望の間で揺れるそろそろナルシストと不安症の間の丁度良い目印をくれよ
二人窓の形をした海岸線の絵を眺めて笑ってた日を何度も何度でも思い出し笑ってよ 自分の気持ちに嘘をつかずに生きて行く事が幸せなら会いに行けないこの僕を何と呼ぼう特に珍しい事じゃないんだろうけど 「もう駄目だね」って言われるまで気付けなかった「元気でね」なんてかっこつけなきゃよかった 二人窓の形をした海岸線の絵を眺めて笑ってた日が少し遠く見えた全部嘘じゃないのに二人はどんなに離れてても繋がれるよって言ってあ
青いカーテンにぶら下がって僕を見下ろしてる想い出たち仕方がないだろう僕は窓を開けて春が終わった事を知った それなのに人も家も空も何も変わらない街が悲しかった 今年の夏は花火に行こうね君が残してくれたものを見つける度思うああなぜ君を信じられなかったのだろう 二度と戻らないと知っていながらきっと捨てられず僕は大切にしてしまうのだろうなにもかもなにもかも テーブルの上の傷ひとつに君を見つけている現状では新しい恋
「私は冬が好き 言葉が白く目に見えるから」そう言った君の隣 ひねくれ者は思うああそうかこんな風に 空に上がって消えちゃうからうつむいたままの君にまっすぐ伝わらなかったのか 今君を抱き寄せて大丈夫って言えたら何かが変わるだろうか見下ろした街と見上げた星空だけじゃ塗りつぶせないだろうか伸ばしかけた腕に君は気付いてるかな 僕がいいだなんて君は言わないかなでも僕でいいくらいは言わせてみたいのさ 僕らが生きてくこ
夜の風が窓をたたく 君はうつむいている涙流せない二人を言葉が遠ざけてゆく ただなんとなく君だけはここにいてくれるような理由もない思い込みが窓の外で ゆらり 泣きたいのに泣けないのはたぶん誰のせいでもなくて弱い僕と弱い君が精一杯想ってるだけ君の顔が見えないのはずっと抱きしめているからだろうそんな事に気付けぬまま必死に目をこらすんだけど 君が何も言わないのは結末を知っているからなの?震える手に触れないのは 泣
雲がゆっくり流れる夜 窓から見える街灯を一人指でなぞっては繰り返しどこで間違えた なんて考えてます 今日は月が奇麗だよそんな理由じゃ電話はできないよな理由の問題じゃないか いつもきっと二人は同じように願ってるのにこんな風になるのはどうしてなんだろう胸が痛いな 大事な事は忘れるくせにくだらない事は覚えてるのねそんな風に君は言うけどそんなのお互い様じゃないか それでも気付けばここで笑ってるんだからこんなふうに
今も同じ歌声に変わらない感情を乗せて放つそのつもり それなのに何か見つける度 何か落としてんだろう変わらぬ毎日が変えたもの 助手席の窓から君と見上げた夜空の星が消えてゆくよひとつ ひとつ 色を失くすように 時は過ぎて 喜びも悲しみも想い出も君と同じ逃げるように この腕をすり抜けて 誰か笑う度に 誰かが泣いてるんだよ色を失くしたのは誰でしょう 僕が歩いて来た道のすべては変える事など出来ないのにそうか そうだ
ひとつため息をついてあなたは投げ掛けられた疑問の答え合わせを始めた最初の一言で気付けた何も知らないのは僕だけ 抱きしめてよ そうすればほら誰も憎まずに暮らせるから 朝まで笑って重なり合って繋いだその手がまだ心の片隅で繋がってるなら分からなくなって傷付け合って流した涙が教えてくれた事を覚えてるなら 深い海の底に沈んだ潜水艦の中で息をするように最後は残された空気を分け合いながら消えて行こう 抱きしめてよ そう
本当はずっと私も あなたの事が大好きなの君が抱きついてきたとこで あぁこれ夢だなって 気付いた よく見たら 歴代の友達 総出演職場の人達も なのに舞台は 教室なのね 海へと続く坂道を 君と手を繋いでそんな顔で笑うのか見た事もないくせに 恐ろしい才能だなこのまま手を離さなければ 覚めないで済むのかなそして君と夢の中 嗚呼 胸触りたい 考えてみればうちの 近所に海なんてないのでそれに坂道を登ったのに 海って
上 見ながらトップギアで走りながら蟻も踏まず進め目立つ程度ならキスの雨あられ目に余るようなら槍が降ります 時間と自分を担保にして命からがら辿り着いた未来ご褒美が並んだショーケース憐れ猛毒のガスが充満しています YUKE!心もカラダもいっそ魂もURE!撒き散らして磨り減った感情に綿を詰めて何に怯え何に魅せられ 僕らはまた旅をするのか ストップ 胸が高鳴るようお金出して褒めて頂く批評見せつけるつもりが見世物
君の目で世界を見てみたい僕には見えないものが見えるはずだから今はまだ答えを知りたくない喜びと悲しみに出会うべき時に 波に洗われた ガラスの欠片を集めて 蝋燭に火を灯した君が笑ったら 空気が震えるから儚い思いが少しこぼれた 今年最後の海へ向かう夕焼けが白いシャツを染める二つの長い影を残して夏が終わりを急いでる 波は打ち寄せ 繰り返すけどただ一つとして同じ形はないから 破り捨てられた ノートの欠片を集めて 青
幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が繰り返すようなものじゃなく大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ 何の為に生きて行くのか答えなんて無くていいよ会いたい人と必要なものを少し守れたら 背伸びもへりくだりもせずに僕のそのままで愛しい気持ちを歌えたなら 幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が繰り返すようなものじゃなく大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ瞬きもせずに目を凝らしても見付かる類のものじゃないだからそば
生まれたままじゃ生きてくのに不便で数えきれない物や人に染まってゆくもともとの色が見えなくなった事も忘れるくらい何度も繰り返し 本当の自分はどこにいるんだ僕らしいって何色なんだ足して混ぜて出来たものが綺麗な色じゃなくても あの家の屋根に登ったところで見渡せるのはせいぜい隣町くらいでもっと高いとこに登らなきゃ見えないのかな一人ひとつずつもらえるわけじゃないのか 本当の自分はどこにいるんだしかめっ面で迷いなが
さよならが喉の奥につっかえてしまって咳をするみたいにありがとうって言ったの次の言葉はどこかとポケットを探しても見つかるのはあなたを好きな私だけ 平気よ大丈夫だよ優しくなれたと思って願いに変わって最後は嘘になって 青いまま枯れてゆくあなたを好きなままで消えてゆく私みたいと手に取って奥にあった想いと一緒に握り潰したの大丈夫 大丈夫 今すぐに抱きしめて私がいれば何もいらないとそれだけ言ってキスをしてなんてね 
もし僕が君の恋人になれた時は同じ気持ちになれたそのあかつきには毎日3時間は君の事を考えるだけじゃなくてそれを君に言うよ でも待てよ よく考えりゃそれって君の頭とか肩とかに触ってもいんでしょあぁそれは何とも あああ もしも君が眠れなくて寂しい時には思い付くだけの愛の言葉をお届けしよううざったくて笑っちゃうくらいアイラビュー アイラビューそれで君は眠くなってうるさいもう寝ようって言われたいぜ もし僕が君の 
あぁ君に近付いた分だけあぁ吸い取られるんだまた潤んだ声で唱える呪文ひとつで僕は逃げられない 私はいつも誰よりあなたの味方だよ 愛する君の為に出来るのは見て見ぬ振りくらいだろうもう僕は知っている知っている僕だけじゃないってこと あぁマメな人だって思って気が付けば君しか見えなくなって 気が合うんだね私も好きだよ あの映画 愛する君の為に出来るのは見て見ぬ振りくらいだろうもう僕は知っている知っているここは手のひら