嘘嘘嘘嘘 – AZKi

そっと 舞い散る花びらは
告げる 移りゆく季節
千の奇跡も届かない
あの夢の跡

君の鼓動が届かなくなるように
今は桃色 うっすらと 滲ませて
気になってるんだその息吹
誰か分からずどうとでもなれと

会い振り なんて フェアじゃない
愛浮きゃ なんて サヨナラは
君の嘘のせいだ ジリジリなんて結局は
iからなんてカラ回る 君の嘘が全部真実なら
こんな世界 嘘嘘嘘嘘だ

きっと欠け無い月ならば
想い満ちてゆく景色
何処か 落とされた
甘い 甘い蜜のよう

君の言葉が、溢れる夜は迷子
迷わないようにそっと幻に変えて
朽ち果てても離さない
募る雑音全部打ち消して

会いたいなんてフェアじゃない
前からなんかフィールで
君の嘘を暴く 愛ならなんて残酷だ
iならいっそ粉々に
君の嘘が全部真実なら
こんな世界 無い無い無い無いや

会い振り なんて フェアじゃない
愛浮きゃ なんて サヨナラは
君の嘘のせいだ ジリジリなんて結局は
iからなんてカラ回る
君の嘘が全部真実なら
こんな世界 嘘嘘嘘嘘だ