浮遊夢 – Ayumu Imazu

ふと乱れる感情が
あなたを求める緊張へ
不甲斐ない夜にキャンドル灯して
形ないものを探して
悪戯な運命睨んだ
ため息をついた
煙が舞う

バラバラに砕け散った硝子眺め
元に戻らない時を過ごす
綺麗事だけ並べてみたんだ
それでも霞んで見える白

歪んだ世界でも
目を逸らせば
なんとか生きてられるようになったよ
あなたに手を伸ばせば
届くはずなのに
乾ききった沼から踏み出せない

ふと乱れる感情が
あなたを求める緊張へ
不甲斐ない夜にキャンドル灯して
形ないものを探して
悪戯な運命睨んだ
ため息をついた
煙が舞う

憧れ焦がれた日々の欠片も
部屋の隅に転がっている
憂鬱なメロディー奏でてみたんだ
今なら愛嬌が湧くよ

浮かべた笑顔にも
隠された何かが
あるのは知っておいた方がいいの
あなたに手を伸ばせば
届くはずなのに
汚れきった昨日が
離れない

ふと乱れる感情が
あなたを求める緊張へ
不甲斐ない夜にキャンドル灯して
形ないものを探して
悪戯な運命睨んだ

ため息をついた
あぁ回り続ける針に僕は
答えを求めてるんだ
あぁこの場所から見える景色も

それほど悪くはないだろう
ふと乱れる感情が
あなたを求める緊張へ
形ないものを探して
悪戯な運命睨んだ