動物的生活 – Atomic Skipper

あぁ、僕ら2人の
都合だけがまかり通る世の中だったらいいのにな

そういえば僕の部屋の時計は、
いつも5分だけ遅れてるんだった

なぁ、もう朝が来た
眠気まなこを擦って起きた
昨日はどうやって寝たっけな

そういえば僕の部屋の時計は、
いつも5分だけ遅れてるんだった

直したくないわけでもなくて、
面倒だからでもなくて、
僕にとってはどうでもいいからさ

持てるだけのお金を持って、
知りえるだけの言葉だけを使って、
君のそばで息をしてたいの

動物的生活をしようぜ あと5分だけ寝ていようぜ
君の家の天井はやけに真っ白さ
誕生日のサプライズを 言ってしまう馬鹿なサプライズ
頬をつねって許してくれ

ねぇ今夜2人で今を抜け出せたら
ずっと、そのまま、そばにいてよね
そうしたら2人の部屋の時計も
わざと少しだけ

動物的生活をしようぜ 側から見て狂ってたって
僕らの過ごす毎日は きっと退屈なんだろう
それでも君がいないなら なんて考えちゃうナンセンス
頬をつねって許して

動物的生活をしようぜ あと5分隣に居させて
君の家の天井はやけに真っ白さ
感情的な 2人でも きっと大丈夫だと思うから
頬をつねって許してくれ