スーパーノヴァ – Atomic Skipper

教えてくれスーパーノヴァ
何かを得るには いつも犠牲が欲しいのかい
応えてくれスーパーノヴァ
孤独では無いけど、なぜ僕ら1人が怖いのかを

上手くやれない気がしていた
上手く話せない気がしていた
思い出や過去からの経験は
全く意味をなさなかった

不確かな未来は当然で
でも恐怖に勝つ事など出来ないから
武者震いなんだと、君は気付かない

この街が見下ろせる場所
今夜そこで見える彗星は いつもと少し違うのさ
変わりばえない かげがえのない
それに、気づいて ずっとそこで待ってるよ

君に言えなかった言葉
「今日が僕らの最後ならば 君をそこに連れてくよ」
怖がらないで 僕がいるから
僕らは、そうさ スーパーノヴァ

教えてくれスーパーノヴァ
別の未来を選んだなら
僕ら2人でいられたかな

この街が見下ろせる場所
君に言えなかった言葉
「今日が僕らの最後ならば」

心から歌いたいことを
どうか僕のみてる彗星が 君にも訪れるように
忘れられない 夢じゃ終われない
それに、気づいた 君と道を違えても

君に言いたかった言葉
「今日が僕らの最後ならば 君をそこに連れてくよ」
振り向かないで 僕は行くから
僕らは、そうさ スーパーノヴァ