Tonight, we call your name.Let’s rid every loneliness from the world.At silent night, you
Hey, my drive spins and rushes up to my lips. It’s going to explode.Dance
僕は見た 互いの幸せ 愛を乞う祈りを星の光 木々と手を伸ばし 波に踊る僕は見た 互いの幸せ 愛を乞う祈りを星の光 全てが満ちる夢の光景 涙溢れ 一筋空を横切ったのは流れ星愛の音楽が鳴り止まない! 僕の内 何かが銀河貫いて 輝く 愛の星を祝う愛の命を祝う僕達は 大きな違いの無いこの手で世界を繋ぐ輪 僕は見た 互いの幸せ 愛を乞う祈りを星の光 全てが満ちる夢の光景 涙溢れ 一筋空を横切ったのは流れ星愛の音楽が鳴
In the flowing crowds, I turned around to the shadow of those I hurt,but
No one remained and we were left in the ruin.We built our nation with
When have I stopped believing him.A fantasy was crushed by years. We grew up
Sudden rain stops me.Soft sounds, falling needles paint streets and my heart so blue.If
Everybody has a vivid true heart.It’s not perfect, but it’s so unique, oh yeah! Into
The eyes in the dark,it hides the body and the breath to aim me
Why did sorrow have to be born?Broken pieces of heart, diamond tears dropped.Dark smiles
Easy world,“It’s wider than your place.”Misfits should go outside,but I’m a remnant in here. Easy
If we had not met that day,would I have been killing someone to save
You feel like doing something, but don’t know what you want.Begin searching till find
Let’s sing a song of life and joy with us.Vibrating throughout the whole world.Let’s
It’s a case which you can find anywhere.They had a sex and the girl
One day the sun’s been shut out.The hot blood drained out from the world.You
My youth was normal like otherspraying to love even in the curse.In a while,
I go deep into the jungle of the city like a zoologist.This time I
I had strayed into the maze of what a victory is.I still have not
In silence and haze,a pale hope begin to burn from east of the night,when
Waves breaking on the shore make your impulse itchfor the departure day to come.Your
You will dive in the lake. And a splash will wash it away.Someone will
I’m dreaming about you.The two are waiting for the moon to be the boat.We
Don’t say“the world should end”You despair your life and don’t seek words.Your further change
You are wet with tears and make amends for the past.The pain we should
未知数の場所へ ビルかき分けて都会のジャングル巡るくらい君の素敵な 隠れた何か飽きるまで 飽きるまで探そう ルーペ覗いて ノート書き留めてあっという間に溢れるくらい書ききれない君の全て心好きにはずむ 誰かにも 君の事伝えたいな 素敵なトコをたくさん持ってる誰かにも 君の事伝えたいな 素敵な君がもっとあるって 未知数の場所へ ビルかき分けて都会のジャングル越えるくらい君の素敵な 隠れた何か飽きるまで 飽き
らしさに迷う 勝利という迷路に脱け出せずに誰かのせいにしていたい あと何回 何回繰り返す意味に疑問を辿って分からない 時計を投げた 冷たい怒り抑えきれない人はらしさ捨てて 掴んだ物に何を得るというんだろう 幾百万のドアの回廊開いても 開いても 開いてもくだらない 途方に暗い幾億万のドアの回廊開いても 開いても 開いてもくだらない 頭狂ってしまうよ 敗北を破りたい砂を噛んで復讐に血肉を燃やそう限界点を超える
静かに淡く 東の空から希望が燃えて僕達はまだ冷たい深呼吸をした 初めて見た世界のように寝起きの空っぽを満たしていく初めて見た世界のように一日楽しんでいこう さぁ生まれ変わろう 新しい朝 やってきて太陽を浴び君は飛び立っていく 静かに清く 琥珀の雫が草木濡らして理想と違っても進めるよ町は色めき立って 顔を変える 夜明け前の闇を越えていく世界は美しい 君は言った夜明け前の闇を越えていく 初めて見た世界のように寝
打ち寄せる波が 波止場の君を旅へ誘って目の前の海のその向こう 夢の場所を見ている それは誰か頼って 与えられる物じゃなく君だけのもの 代わりはいない 思い通りいかない航海ならば 計画を書き直してゆけ 船を出し 夢への舵を向かい風を受けて 波を切り拓いてコンパスの針は熱いまま嵐など怖くないだろう うねり上げる波が 空覆う黒い轟を誘ってそれでも目の前の波は君を繋いでいく 明日へと 芽生えた感情で未来 変えてゆこ
さぁ歌おう 響き重ね僕らを包むようにさぁ歌おう 声をあげて永久のフェスティバル鳴らそうか さぁ奏であい続く命 この世界に生まれ落ちた僕らというそれぞれの音色リズム触れ合わせてこぼれたメロディーから君の事 知りたくなるの 拙くても伝わる音愛おしい程に無邪気に揺れる 照れ隠しはいらないさ もっとうねりあげて鼓動 耳澄ませこの場所へおいで さぁ歌おう 響き重ね僕らを包むようにさぁ歌おう 声をあげて永久のフェスティ