星がはじまる – Argonavis

諦める運命じゃないよね?

広大な宇宙の ほんのわずかな鼓動
息遣いが聞こえる 僕を呼ぶような
きっかけなんて本当は 何でもよかったんだな
君が見つけた歌が 寂しいのなんて今だけ

(どれくらいの YesとNoを)君と僕とで作ろうか
(今をよく見て)この瞬間をもっと つかまえた先へと

そして僕らの星がはじまる
かすかに鳴ってるその音が生きてる証
一万光年先の銀河へ解き放て!
はじまった物語 そうさ こんなところで
諦める運命じゃないよね?

荒唐で無稽だと誰かは言うかも
だけど追いかけてる 止まれないのさ
ぽっかり空いた 胸の穴埋めるダイヤモンド
砕けないものはないと 信じたっていいから

(君が泣いてちゃ悲しいよ)すれ違い できた溝も
(4カウントで)すぐ埋まるよ 僕らそういう関係なんだとっくに

そして僕らの歌がはじまる
名もなき小さな星たちを繋ぎ合わせて
百万光年先の銀河に届けるよ
はてのない物語 今は 温めてる

遠くで小さく 光ってる
あのかけらが 希望っていうやつ?
鳴らそう 鳴らそう 僕らしかできない
鳴らそう 鳴らそう 諦める運命じゃないから――

やがて僕らの歌が聞こえる
みんなに連鎖して繋がったら星座になれる

そして僕らの星がはじまる
かすかに鳴ってる その音が生きてる証
一万光年先の銀河へ解き放て!
はじまった物語 そうさ こんなところで
諦める運命じゃないよね?

僕らが鳴らす 運命を信じろ!