君想う – angela

十六夜(いざよい)に君想う いくばくかの言の葉を
夜風にたなびかせても 叶わぬ夢 泡沫(うたかた)

あの日境に すでに幾年(いくとせ)
別れ告げぬまま 今に至り
昇りゆく月 躊躇(ためら)い滲む
諦め受け入れては 泣く

「会いたくて」は色褪せず 君のいない世は続く
何も変わらないままの 想い何処(いずこ)へ向かう

あの日境に すでに幾年(いくとせ)
別れ告げぬまま 今に至り
白む東へ 君を重ねる
朗らかに鳥だけが 鳴く

明星(あけぼし)に君想う いくばくかの言の葉を
春風が笑いながら 叶わぬ夢 泡沫(うたかた)

まだここに置き去りの 心にも陽は差し込む
想い続けていく限り 胸の中 君は居る