君の影、オレンジの空 – angela

長く伸びてゆく君の影 夜に溶けゆく前に
ありふれた日々を包み込む オレンジ色の空が
さよならを照らすから 少しだけ もう少しだけ
一緒に居られたらいいのにな

好きな事話すと 夢中になる私
いつだって君は 笑って頷いていた
当たり前の居場所 帰り道 交差点
ここが二人のピリオド

明日へと伸びる君の影 夜に溶けゆく前に
ありふれた日々を包み込む オレンジ色の空が
さよならを照らすから 少しだけ もう少しだけ
一緒に居られたらいいのにな

明日も晴れるかな? だといいんだけどな
未来はいつも 掴めぬ雲のように
ふわりとしたまま すり抜けていくから
今をちゃんと伝えたくて

さっきまでの空が君だけを 夜に連れていく前に
ありふれた言葉積み重ね 繋ぎとめていたくて
この会話途切れても 少しだけ もう少しだけ
一緒に居られたらいいのにな

同じようでちょっとだけ違う日々も
どことなく愛しくて 彩っていくMagic hour

長く伸びてゆく君の影 夜に溶けゆく前に
ありふれた日々を包み込む オレンジ色の空が
さよならを照らすから 少しだけ もう少しだけ
一緒に居られたらいいのにな