そっと穏やかな気持ちで振り向く日々は澄んだきみの瞳に映った世界と同じ 限りない 希望に満ちた光に照らされ涙がでたSo it’s just what I say. Cherish, here we are.不思議なめぐり逢いの中きみに逢えたいつだって 信じた奇跡が叶ってきたよね ずっと心縛っていた苦い記憶を 解こうもうガマンしなくていいんだからね 限りない 慈愛に満ちた光に包まれ涙がでたSo it’s
高く澄んだ空の下広がるひまわり畑を背に よく映える白い日傘さしてた 君だけが色鮮やかで特別まぶしく見えたあの夏の きらめく思い出たち心に生きている言葉にできなくても 感じたままでいいよ何より信じてた今なら分かる 君がいたからすべてが輝いてた 君におくる絵はがきを見つけたひまわり畑の写真 流れゆく時の中も変わらず 君だけは陽の当たる方へいつでも気持ちを向けてほしいから 希望を思い出して何かに気づいたら言葉はもういらな
夢の中 君の声で呼ばれたような気がして目醒めた窓から差し込む日射しがやけにまぶしくて目にしみる “ごめんね”の一言だけがいつまでも胸にささって消えないよ… 忘れたいよ でもムリだよ無防備すぎる程見せてくれた君の笑顔ルール違反だよ 戻れないの? 戻りたいよ帰りたい居場所君以外に二度ともう見つけられはしないと思うから あれから幾つの夜を数えたのかな?二人いっしょに眺めた 季節の星座がめぐって同じ宙の下で会えたら
天空の常世の果て日出づる時代と共に悠久の時を超えて舞い降りた 現の巫女 胸に抱いた 白い花のその可憐で かぐわしき芳香に包まれて その声は 心癒しその言葉に託された真実は 心守り光へと導いてる
“いちばん ほしいものはいつも まぶしすぎて 遠い”見果てぬ「夢」を追い求め走り続けるきみの 近すぎて見えない「愛」ならわたしが叶えてあげたいよ I wish your happiness.心から この歌きみ捧ぐI give you tenderness.優しく響いてよ 当たり前のように心守りつづけてくれたかけがえのない きみなくしはじめて知る思いは 決して 手放しちゃいけなかったってたまらず 駆けだした I wish y
Ah 粉雪が舞う12月の街 心温める ぬくもりが必要な季節ガマンしてきた 涙も今は 許そうかな 本当に大事なもの何かを知ったのあなたに“会いたい”と素直に言えそう 想いが届きますように… Ah 聖なる奇跡叶えてX’mas イメージを現実にかえる魔法をもう一度かけてみよう ためらいがちに でもつないだ指先メビウスの輪のようにあなたと繋がる 想いが届きますように… ためらいがちに でもつないだ指先メビウス
心の奥で しとしとと降る五月雨気付く人など いないと思っていたのに “さぁ 顔をあげ 笑ってごらん” 君に そう望まれた笑顔ならそのために わたしはここにいる 君に そう愛された笑顔ならただそのために 生まれてきた とも言える 心のビジョンで ゆらゆらと見る黄昏同じ想いを 分かち合えたらいいよね “そう 君のこと 待っていたよ” 君に もう一度めぐり逢うためにそのために わたしは生まれたの 君に もう一度めぐり
“Can I win this game?”もし聞かれたら“Say yes! Cause you are my hero!”信じているわI’m your cheer girl. 熱気にあふれた グランド舞い降りた君はまるで 戦士ね讃えてる 熱い拍手と 黄色い声援 焼けちゃうポーカーフェイスなんてまるで ダメなのそんなわたしの まなざしを 受け止めてねゴール決めたら勝利のガッツポーズは指輪にkissSo
夜明けの来ない日はないと教えてくれたきみの強いまなざしに宿った閃光が 闇を切り裂き雲 越え光を解き放て 自由 手にしてそして 生まれ変わった新しい 翼 はためかせ高く 遠く 新世界へ輝く明日の夢を今日に実らせよう きっと 今なら絶対にできるよ不思議だけど強く 思う ふたつの光が今ひとつに重なったそれは天から差し込む希望の光のよう 手と手が触れた瞬間 悟ったきみがそうだと まるで 日だまりに包まれているような懐か
鮮やかな夕映えがラスト飾る今日の日を振り返り 祈り捧ぐ 瞳閉じて…耳をすませ…心開き 歌よ届けて 穏やかな春の宵 とばり降りる儚くて美しい夢のはじまり 瞳閉じて…耳をすませ…心開き 歌よ届けて 清らかな旋律が導くまま暖かいぬくもりに包まれてる 瞳閉じて…耳をすませ…心開き 歌よ届けて どんな音も…どんな色も…世界中を 紡ぎあげてく 清らかな旋律が導くまま懐かしい安らぎに癒されてる 健やかな陽の光 地上照らす目覚めゆ
そして 季節はめぐり桜の花 咲く頃きみとまたここで逢おうそう 約束したよね覚えてるprecious memory 古の記憶に喚ばれ封印がいま解かれたよ 微の香に包まれ誘われてくきみのもとへ帰れるように そして 季節はめぐり桜の花 咲く頃きみとまたここで逢おうそう 約束したよね いつの時代が過ぎて人の記憶の隅で忘れそうなときめきもその白い花のような笑顔もつきみが必要だから 前世で無くした鍵は大切にきみが持ってい