てのひら – aluto

コンビニ出た後 太陽に背を向けて
影追う歩幅は ゆっくり合っていくんだ

誰も居ないなら おどけたふりをしあって
弾む笑い声 陽だまり飛び越えた

手と手繋いでいく 何気ない日々が良いと
思える瞬間を切り取りながら過ごすよ

重なる指先 少し長めの爪も
大きなてのひらで 受け止めてあげたいんだ

午後の風を受け 君の髪が揺れたら
不意に僕らは繋ぐ手奪われた

過ぎ去る時間は 変わらず傍にあるし
慌てて掴むんだ 何事も無いみたいに

僕らてのひらで 伝わるものもあって
握り返してくれる 君と繋がってたいな
lalala

てのひら繋いで行く 何気ない日々がいいね
そんな瞬間君と二人いつもの様に笑うよ

重なる指先に 曖昧な距離はいらない
心に触れるような てのひらで繋がるんだ
lalala