何回やっても 失敗してばっかで「もーやーめーた」って笑った 「自分はいいとこ これくらいなんだな」言いかけて また笑った そんなこんなで誤魔化してばっかで感情を平均に保った 「最高」称賛して「最低」見下して「普通」に身を隠した 大体の事は 把握したつもりでだけどどうしようもないほどに抗ってしまう 何もかもが光って 妬ましく思えたあの夜 僕はどうしても笑えずにいたんだよマイナスの感情はマイナスでしかないの?O
Wake upSaturday in a park踊り明かしたLast Night どうしてこんな所で眠り落ちていたみたい Shakedown1994お道化疲れてHad a fight どうして?私はただ笑っていたいだけなのに 間違って/間違って/間違って重ねたあたり散らした傷を 間違って/間違って/間違って束ねて解けなくて、かき乱した あまりにも素敵な夜だから他に何もいらなくなってあたりまえじゃない「今」だけはNo, No
東京はこんなんでどうもこうもないような日々が続いているよたまの晴れ間に一喜一憂して過ごしている熱い言葉はどうも性に合わないみたいでむず痒いよ捻り曲がりくねったまま僕は旅へ出た 飛行機の窓から世界を眺めた昨日が明日と背中合わせて今でも僕らはそのどちらかで迷いながら 居場所はどこ?って探してる 僕らには いつまでも光と闇が待っているの、いるのWell maybe it’s not so bad(そんなに
僕が君に何か渡せるものがあるとするなら 教えてほしい何が必要で 何が足りないのかを それでも君は一人で歩く何もいらないとつよがって 祈りたいよ 君のために迷わないよう 光差すよう Every time I see you hurt yourselfYou try to move on with no helpだから今はLet
I was just a little boySmelled a little like soyCouldn’t find a place that’d
I’m sorryうまく笑えないよあなたの喜び わからないのにI know I’m so lost愛想笑いで 誤魔化せなくって I’m only trying to figure out the way馴染めない群れから離れてみたI know
あたりまえのように 周囲(まわり)がなびく神様が示した正解に あたりまえのように 僕を誘い込む「君も僕達と行こうよ」って BUT I DON’T LIKE TO GO FOLLOW ME, FOLLOW ME空ろな解答欄をFOLLOW ME, FOLLOW ME感情で埋め尽くせ FOLLOW ME, FOLLOW
I wanna make you happyWhen you say you don’t want meTell me how much
OUR LIFE IS NOT SWEETWE FIGHT TO BE FREEAND DANCE ON THE BEATAND THERE
I spy my another lifeBut then I was terrified少し目を閉じて想像してもう一つの人生をそっとイメージしてみよう そこには毎朝きちんと朝食やcoffee cup on tray刺激は無く今ひとつででも安定はしていて 悪くはないかな?いや、どうかな? 私は知りたい昔迷って 迷って此所に居るけど果たして本当に此所は私が望んだ舞台か?この問いこそ愚問かな? Now目を開けて見渡そう juggli
I landed on the globeBreathe the airI felt my heart beat was pumping up
Rain fall downOnto the groundLight spread all around Soaked to the boneOn my ownI find
Nobody knows about the彼女の表情(かお)は微動だにせず Nobody cares about the彼女の言葉は行方知れず Nobody knows about彼女にそれ以上に踏み込めず Nobody cares aboutだから彼女は口を開く “私がいなくたってあの空が堕ちたってあなたは生き続けるだろう 無邪気なあの朝にいたいけな夜に二度とは戻りはしないだろう” Nobody cares about the誰も
So many girls are in front of youAll of them wanna get screwedAndYou don’t
Come closer to meSo that I can see your eyes on meCraving to be
I don’t know what that isandI don’t know what that isthe feeling jumping up
明け方になって僕らはそれぞれの道へ進もうとすればするほど遠く、遠く、遠のく 無我夢中になって報われると信じたけど叶えようとすればするほど淡く、淡く、泡になって Ah誰しも自分から逃げたくなってFu新しい居場所を探してる 明日、また泣きじゃくる時が来たとして怯まず笑えばあなたは今まで以上に強く在れる思いも寄らず、として 泣き方を知って僕らは生まれてきたけど大人になればなるほど乾く、乾く、乾いて 怒りまかせで言
泣きあかした季節が去って僕は大人になっていた 冷たい風がよく馴染んでいたあなたに出逢うまでは Oh, maybe I’m pretending無関心なふりして生きてきた僕をあなたは溶かした 白い街の片隅で僕等出逢うまだまだあどけない雪がやわらかく包んでいくあふれた言葉が胸に届くまだまだ溶けないで、と雪を眺めていた 泣きあかしても雪にほころんだ僕はまだ子供のまま Oh, maybe I’m pre
I feel like singing without a word, without a word oh yeahI feel like
Until the morning we were side by side夜を纏いながら 引き裂きながら It seems like there’d be no end永遠に終わらないと笑っていた 長月の下 冷えだして互い以外何も触れなくて 湿気った花火百円ライターに近づけ、火を付けた It
I LOVE BEING MEI never wanna be somebody elseI don’t care ‘bout what people
The situation’s perfect “I’ll be damned”You gotta find yourself a reason before it’s jammed It’s
I don’t know wha, wha, what it’s all aboutBut it feels alright to be
U need to get back to ur lifeI see people waiting for u with
I wanna live in the harmony without a noise of conflict,chitchat of the starsLay
今まで君が泣いた分取り戻そう肩もたれながら 坂道転げ落ちる4月の夢誰かが落とした それはゆらりゆらりと夜を過ぎ去ってく単調な拍子で 混沌とした裏拍子でじわりじわりと胸を突き刺してくそんな世界から僕等逃げたがってた 会いたいと思った時に君が側にいる事を「奇跡」と受け入れ迷うことはないのさGo crazy I go crazy yeah 限られた時の狭間の中で僕等は何かを迎え入れ何を信頼してGo crazy I go craz
愛を歌うそぶりみせられながら僕はまた騙され溢れた言葉眺めた「また会えるの?」 「わかった」時、既に遅し抱いてた疑問符が耳元近くで嘲笑う スピードライト線、描く首都高に問い詰める「僕はどうしたらいいの?」 脳裏にガラスの破片を散らばせて浅い痛みが夜削って音もなく、音もなく、足バタつかせ 愛を歌うそぶり魅せられながら僕はまた騙され溢れた言葉で問いた「また会えるの?」 笑った吐息を漏らす消えかけの月の下踊る街の肌
Love was allIt was all that I could findWhen I faced the wall,And after
もう一回息を吸って吹き返してみよう もう一回息を吐いて闇を抜け出そう 「叶いそうも無い」夢はもう見るなと僕は眠らされた それでもきっと夜には目が覚め追いかけてしまうだろう Let’s all believeWe’re crystals on leavesEvaporate into the sky Sometimes it’s goodSometimes it’s badされど 我が
いかにも怠そうなラブソングを蹴飛ばして羽交い締めにしよう 他人のダーリンの戯言などくそくらえだ 変わらない変わらない世界に挑んでいこう 大嫌いな大人達に楯突いていこうぜ 大抵はそう叶う前に壊されるから当たり前のように大どんでん返し狙ってやろう I want u to love meI want uI want u to love meI want