風に奪われたわけじゃない片道分の勇気で僕ら悲劇を受け入れる心がここにあったはずの空洞もっと僕が大きければ君を 未来を 救えただろうか大切な人守るすべをたったひとつしか持たないそんなあなたがはぐれ漂う空あなた以上の人に出会えない月にあらがう長いフレア始まりもせず終わる物語傷つきうる柔らかさ閉じ込めた旋律奏でるほど 歌うほど 壊れるほどにあなたが恋しい月が夢から登るように悲しき恋歌つまびかれて静寂の冬