コイワズライ – Aimer

泣き虫を笑って
強がりは気づいて
わがままを許して
気まぐれにつきあって

そばにいたくって
寒いのは苦手
かじかんだ手と手
つないでみせて

ねえ 苦しさをわかって
ずっと続く愛しさをわかって
そんな心はいつだって
そっと溜息こぼす

だから伝えたいことって
いつも伝えられなくって
不器用に笑って誤魔化すんだよ

ありふれた会話や仕草を
少しも忘れたくはないよ
ゆらり きらり 白雪の様に
溶けてしまわないように

嘘つきは嫌いで
曖昧を選んで
会いたいを隠して
笑顔を祈ってる

ねえ 伝えたいことって
いつも伝えたくなくって
すれ違ってばかりで
見逃すんだよ

色づいた街灯の明りが
少しも優しくなんかないから
空に きらり 瞬くように
涙は踊っていた

悲しくなっても 寂しくなっても
泣きたくなってもいいんだよ
悲しい時こそ 寂しい時こそ
大事なことがあるんだよ

悲しくなっても 泣きたくなっても
恋しくなってもいいんだよ
明日になっても 大人になっても
いつまでたっても

色づいた街灯の明りが
少しも優しくなんかないけど
空にきらり 瞬いている
星降る夜に願いを

ありふれた会話や仕草を
少しも忘れたくはないよ
ゆらり ふわり 白雪の様に
恋が消えたとしても

寂しくなっても 切なくなっても
恋しくなってもいいんだよ
寂しい恋こそ 切ない恋こそ
大事なものになるんだよ

悲しくなっても 寂しくなっても
泣きたくなってもいいんだよ
悲しい時こそ 寂しい時こそ
大事なことがあるんだよ