SUNDAY – Age Factory

ねぇ早くしてよ
上着なんてなんでもいいと思うよ
少し不機嫌そうにして

自転車に乗って行こうよ
あの人の店へ行こうよ
お気に入りの珈琲屋にでも寄って

踏切を抜けたら

赤い電車とあの坂を
降ってく僕らは風みたいで
何も感じなくなるくらいまで
追い越してみせるよ
そんな僕らの SUNDAY

とぼけたまま側に居てよ SUNDAY
とぼけたまま側に居てよ

ねぇ早くしないともう
街は眠りそうだよ
長く伸びてゆく
君の影が揺れていた

夕日に染まった

赤い電車とあの坂を
登ってゆく僕らは置いてかれて
時間も季節も足早で
もういいよ何も持たないで、さぁ

このままね このままでいいから
遠くまで遠くまで行こうよ
そして2人は暮らして行くのさ
誰も僕らを見つけられないまま SUNDAY

とぼけたまま側に居てよ SUNDAY
とぼけたまま側に居てよ

自転車に乗って行こうよ
このままどこまでも
このままで