十月十三日 – Age Factory

曇天割る風が俺を揺らした
何者でもない俺を揺らすよ
何をして何をしていたんだ
此処に突っ立って何をしていたんだ

刻一刻と死んで行く日々が
刻一刻と腐り出す意味が
何をして何をしていたんだ
吹き抜ける風 俺を晒していた
何をして何をしていたんだ
突き抜けるまであの曇天まで

風がかき消さぬ様に
俺は生存を叫ぶさ
風が掻き消さぬように
俺は此処で生存を叫ぶさ

悔しさで前が見えねぇ
駆け出す俺を彼奴らは知らない
悔しさで前が見えねぇ
このままじゃ生きていたくはない ない

何をして何をしていたんだ
此処に突っ立って何を見ていたんだ
何をして何をしていたんだ
突き抜けるまであの曇天まで

風がかき消さぬ様に
俺は生存を叫ぶさ
風がかき消さぬ様に
俺は此処で生存叫ぶさ

風が 俺は 風が
俺は此処で生きているだろうが