眠れる 心の野生を 呼び醒ませ世界はまだ 進化の途中だ そうだろう 歩みを 止めたら 退化していくだけ破壊と 再生を 繰り返し 磨かれてく魂 輝くために 払う犠牲は 悲しみじゃなく喜び正直にしか 生きられない 女のサガよね誰とも違うのよ Do you know? 超えて 超えて 超えて その先へ私たちに ゴールは 要らないわ自分の影にさえ 牙を剥き振り向くより ただ前を見つめる栄光は いつの日も 深い闇の果て
時を翔ける 星の調べは迷いさえも 焦がしてくれる 一人の世界 誰かの世界掛け違えた 意識が触れる めぐり逢い 別れに彷徨いながら人は何故 愛を求め 生きていくのでしょう 光と影が揺らめく夢に夢みた 少女はもう居ない美しく舞う 道化師-ピエロ-は瞳に花を添えて 情熱をあなたへと捧ぐの 月が泳ぐ 水面の空は触れるほどに 歪んでしまう 一つの嘘 脈打つ想い交わるたび 痛みになるの 乾いては 飲み干しまた潤して人は何