二人フタ色 – ACE COLLECTION

僕の理想の彼女になろうとして
君は僕に沿わせたがる
君と僕は似た者同士で
お互い違う色がちょうどいい

もしも僕らが 同じ色同士ならば
二人で同じ時を過ごす意味が
無くなりそうで
君と僕が違う色だからこそ
混ざり合ったときは化学反応
無限のデュエットさ

そうやって 二人でしか描けない
キャンバスに色をつけたしていこうか
混ざり合う 無限の色は全て綺麗だね
方向音痴でドジなとこ
わがままな君も誇らしいよ
君は君のまま 君らしくいてくれたら
その色が好き

根拠のない 愛ってのは
一見チープに見えるけど
優しいとか、見た目がいいとか
そればかりじゃ 語りきれない

理屈じゃ 解明できない この感情
どれだけハイスペックな奴でも
代役は務まらないよ

君がよく話す月という存在を
無意識に人が綺麗と思う感覚と同じさ

気分がブルーなら 空を見たらいいよと
今からは想像つかないくらい
ポジティブな君が言ってくれてさ
たまにはブルーも悪くないかもって思えたよ
だから僕も君がまだ知らない
綺麗な景色と鮮やかな色をあげるから

そうやって 二人でしか描けない
キャンバスに色をつけたしていこうか
混ざり合う 無限の色は全て綺麗だね
方向音痴でドジなとこ
わがままな君も誇らしいよ
君は君のまま 君らしくいてくれたら
その色が好き