リアピックアップかますのは Over Drive一発S.U.H.R.(サー)の赤 優美で曖昧な君の裏の顔を 知りたくない歪みで誤魔化す愛はまだあると 送信を取り消してからの「なんでもない、おやすみ」は心臓を貫く刃グサっと リアピックアップかますのは Over Drive一発S.U.H.R.(サー)の赤 Ah—嘘を飼い慣らす君とするキスの味はどうしていつまでも真実のフレイバー? Ah—君が僕の
曇りきった朝解けた 雲の隙間からは無条件の Sunny Day素足に 覚悟を結んで 飛び出したあの日に後悔はないぜMy Destiny天空を 貫くほど拳を 掲げるのさ 愛を 世界の最果てまで 轟かすよ君が 情熱と気迫の アクセルさ 視界に映るまばゆい 物ばかりに溺れてたまに自分との差が どうしようもないくらいに 苦しくて悔しくなる そんな時そばにある見えないほど 美しい優しさに気づくのさ 愛を 世界の最果てまで 
そばにきて微笑んでよあれから 1000回目の夜さ頭の中で舞う白鳥は白銀の水面の上 一口 かじれば病みつきの味唇はワインレッドの果実永遠に 変わる口づけの後に眠る美女が消えない エクボの奥に小悪魔外し忘れた右のピアス鎖骨についたエロのマーク狂った君のいじわる 一口 かじれば病みつきの味唇はワインレッドの果実永遠に 変わる口づけの後に眠る美女が消えない 愛して 愛されて 愛して 迷い込んだ ラビリンス 終わりなんてもの
Hey咲き誇る太陽と音とビートに乗って砂の暑さに 忘れちまえよ Girl 音で壊したい体感温度 感度後者の方がどちらかというと崩壊させたいかもとか思ってたりしてこんな一面も無きにしも非ずそりゃ生粋の男ですからカラッカラの砂浜の上煌めいたWaVeさあ なにもかも忘れよう音に 波乗りしようYeahなにも考えずに いこうぜ今だけはその時間さ Feel so Goodその調子 かなりいいぜ踊ってる君も Pretty C
息をすることが辛くなったときこそカフェにでも行ってさほろ苦いため息をつこう いつもは強気な年上の君がたまに見せる 愚痴交じりの弱さも 全部受けとめるだから僕についておいで根拠のないセリフは前までは言いたくなかった それでも未来の僕との喧嘩相手も夢の隣にいるのは いつも君だ ねえ このメロディはね君のためだけに作った特別だから目を瞑ってそう 僕の声だけで君の鼓膜を 貸し切ってさ君だけのメロディ拝啓 この想い
僕の理想の彼女になろうとして君は僕に沿わせたがる君と僕は似た者同士でお互い違う色がちょうどいい もしも僕らが 同じ色同士ならば二人で同じ時を過ごす意味が無くなりそうで君と僕が違う色だからこそ混ざり合ったときは化学反応無限のデュエットさ そうやって 二人でしか描けないキャンバスに色をつけたしていこうか混ざり合う 無限の色は全て綺麗だね方向音痴でドジなとこわがままな君も誇らしいよ君は君のまま 君らしくいて
気まぐれな秒針を気がつきゃ君に握らせて胸の鼓動預けてたみたい 揺れ動く日々の色心のフィルム足踏みも息遣いも君のさじ加減 次会う日はいつかな歳重ねる度に 時々思い焦がれ天の定めに憂う度に心から溢れる愛を君に叫ぼう 僕は何年経っても君を愛してる僕の代わり映えのない日々に花束を添えるだけ添えて勝手にいなくて離れないでと言ったのは君じゃないか 幸せに悩めていることに気づいてないラブソングダメだまた考えてる『君』の
ねぇ会いたいとやっぱり思ってしまう ねぇどうして顔見て好きだよと 言いたいだけなのにデートの約束なんてもうどうでもいいから 私の頬をつねって笑ってよ バカだなって言い返してよ 70億にただ1つの奇跡みたいな愛しい人もしも、遠く離れメッセージも届かない そんな日でも朝焼けに2人で結んだ心と心を繋ぎ合う糸が呼吸を繰り返し途切れないと信じてるからさよならはまだ言わないよ 元気にしているかな?コンビニで買ったノートに
神様どうかなこのザマの僕ら頭がどうやら知恵の輪みたいに絡まるわだかまり もうこんなの不公平だ(Oh My God!)負けを避けて通るのは御法度そりゃ悔しいけどね 僕ら何回でも立ち上がろうMy friend青い地球に参上神様仏様は意地悪だから奴らに負けないように僕ら今日とて歌って音の波響かせてOh My God! 透明人間みたいで存在感ゼロでなんとなく胸のバスドラムを一定に刻むだけ でも肩組んで(Oh My God!)笑
研ぎ澄ます五感で先走る鼓動を右手でかき鳴らせ1046 Distortion 翼を伸ばしたらゆっくり目を閉じて揚々と火を吹いたドレイク赤い唾 飲み干して痛みなんぞ朝雨女の腕まくり 張り裂けそうなEverydayは痛い代わりに傷跡が誇らしくて (Don’t stop believin’) 怖いくらい見えない未来は全部この手で輝かせるさEverything will be OK大丈夫さ 平等な未来期待し
2トントラックいっぱいに詰め込んだプレゼントでも君は振り向かないような Crazy Woman君はこの前ヒップホップが好きって言ってたよね だからこの歌とギターとベースとドラムで君の肩をそっと叩くからこっち向いてよ Baby 僕は あんな早口は得意じゃないの生麦生米生卵すらまともに言えないときもあるでも 僕なりのメロディに乗せて君への想いを走らせるよ 線路は一直線終電がどこかすらわかんないけど君を乗せて どこ
真っ直ぐに伸びた人差し指が明日への夢を語ってる指差す方向はあの飛行機雲と綺麗な淡いBLUEに美しい未来 キリがないくらい落ち着かない胸雲ひとつない澄み切った夢 あのね僕にも夢があってねあの空の向こうずっと遠くから38万と4400キロ離れた月から見たいんだBLUE 君は笑顔でこっちを見ていてありったけの夢を語っている僕は空をじーっと見つめて少しだけ不器用に微笑んでた この指トマレって突き出した指にはなんだか
I wanna be your manYou know you’re in love when you can’t fall asleep,Because
ガラスの靴を落とした君と奈落の底に落ちてく僕と あの時の君の瞳に吸い込まれて抜け出せなくなってどんどん深いところに落ちたあの靴は王子が拾って君のことを探してるみたいだ 今でも瞼の裏にしっかり焼き付いているどこかの満天の星空から盗んで来たみたいな君の輝きを あの日僕はそれを横目に見ることしかできなかったハッピーエンドには付き物のエキストラ会場で響きわたる僕のピアノ聞こえていたかな 君にとっての 僕は単なる舞
I wanna be a ROCK STAR馬鹿みたいに夢追いかけるRADIOあなたみたいに真っ当な人生じゃないの好きな事ばっかやって現実とはもうSay good byeしたい気持ちは山々理想幻想具現化は遠い たまにあなたの進む道が羨ましくなったりしてそれでも僕には笑いあえる仲間がいるからさ I wanna be a ROCK STAR僕らが思い描いた未来に向かって行こう今日もずっと昨日の僕を超えて行けるようにI wanna
December 9黒い絨毯の四角を埋めたヒーロー過去さえぶっ壊して新しい風を巻き起こせ 騎士の名を受け継いだ僕らが吐く言霊見ててくれよこれから作り出すドラマ 全てを捨てた僕ら失うものはない光り輝く未来へ ワスレナグサ朝日が映す影が幸せそうだね古き良き景色も良いけれど僕らだけの景色に乾杯 新しい景色の中過去を忘れたわけじゃないそこにはたくさんの絆と運命を繋いだ糸 ここに来れるまでには不可欠な道でそれでも成り行
1000ページ連なる物語に出てくるのは3丁目街角花屋の看板娘そこへ1人のさえないメガネの主人公彼は彼女に恋して店の花を 全然興味ないのに彼女と話したくて適当に指差して話しかけ始まるラブストーリー あの日君と話したアネモネの花言葉は楽しそうな笑顔でした好きを語る君が愛しいよあの日を思い出すと眠れない僕は今も巡り巡るページに淡い恋のインクを万年筆で走らせてる 君と歩んだ時間をページに印すの春夏秋冬綺麗だ変わ
Be stronger than yesterdayくよくよすんなってもう何度も何度も言われなくてもわかってるからOh my boy friend There is always light behind the clouds前向きな言葉で簡単に片付けないでポジティブは簡単じゃないの I wanna
Hey yo waddup!Had enough of all this pressure!I gatta sing! Gotta let go and
嫌いがあるから好きがあって 白があるから黒があって当たり前を受け入れるのが正解かな 天は二物を与えなくて 現に僕らは強くなくて明日からも単に純な世界じゃないからさ それでも僕らが見たい未来へ そりゃわかんないことだらけ 不安なことだらけそれでも弱音はほどほどにして僕ら支え合って必死に息を吸って吐いて泣いて笑っていこう 決めつけたそれは固定概念 お前の人生の疑似体験僕らは別にそんなもんなんて 興味ないから 僕
薄暗い空だって 僅かな星の明かり辺り見渡しても何もない街灯がこっち見て光ってる寂しい夜に1人空を見るあーだのこーだの言ったってやるしかないことは決まってて なのにやりたくないことは理由つけて逃れようと必死になって Ah Ah Ah 今日も月が綺麗ねAh Ah Ah Hey Lady 夜空の中にひたすら君探して僕がいなくても幸せそうな君に嫉妬してあの日丘の上で2人で語った夢の続きを僕は追いかけてる 薄暗い夜だって 
大抵のカップルがそのままのお互いを好きになって付き合ったくせにいつのまにか交わすLINEの大好きさえも意味をなくして3ヶ月くらいした時には倦怠期とやつでMr.いざこざばかりご覧の有様 そんなこと言ったって喧嘩するほど仲がいいって言うし私たちの愛はあなたに負けるわけないでしょあなたがそんなに言えるほど恋愛マスターじゃあるまいし毎時毎秒彼のことばかり考えてるもう彼に乗り換えたの 君の最寄りまでわざわざ会い