澄んだ鼓動が 鳴り響く街をフラつきながら 小さな影を伸ばしている 募った孤独も 消えない痛みも掠れた声じゃ 今日も届きやしないんだ 鳴り止まない幻聴 もう耐えられなくて気が狂いそうな 欲望が喉を越えて あぁ ブルーな火を燃やして 濁った目を開いて炎の中 止まない音が 頭から溢れ出す あぁ、スパークした憂鬱の 向こうへ手を伸ばして神様に嫌われるくらい 欲しがって チープな虚栄で 水浸しの街がギラつきながら 淡