カフネ – Absolute area

消えてく夢の残骸に
消えないいつかの残像に
選んだ昨日の反対に
描いた未来は漠然に
諦めるように過ごしていた
それでも前に進まなくちゃ

バレない嘘は本当に
変わってやがて永遠に
交わす約束は曖昧に
心の痛みは鈍感に
疑う事すら忘れていた
その方がずっと楽だった

こうやって僕らは
少しずつ大人になってくんだな
別にいいんだ
君みたいに些細な事で傷ついたり
できる人を見てると腹が立つんだ

もういいからほっといてよ
これ以上僕の中入り込まないでよ
ほんとに1人でいたいから
真っ直ぐなその瞳で
見つめられると何か見透かされているようで
目を逸らしたくなるよ

本当はもっと繊細で
人懐っこくて純粋で
強がりで塞ぎ込んでしまう
その嘘すら愛しかった
いつしか互いに見て見ぬ振りで
空回りばかり繰り返す

ねぇきっと僕らは
少しずつどこかが似ているんだよ
だから嫌だよ
「君の分の痛みを背負う余裕などない」
と言い切ってみても
胸が痛いよ

もういいから 泣かないでよ
君のことちゃんと愛してくれる人
きっといるから 僕ではないんだよ
真っ直ぐなその瞳の中に潜む本音が
僕をがんじがらめにするから
もう手遅れなのかもね

君の髪にそっと指を通したその瞬間に
いろんなことに麻痺していた
僕を解く魔法に触れてしまった

もういいからほっといてよ
これ以上僕の中入り込まないでよ
ほんとに1人でいたいから
真っ直ぐなその瞳で
覗き込む君は僕の事を
疑っちゃいないから
信じてくれるかな

なら僕も君の事を信じてみるから

カフネ