放たれた翼が 願いを撒き散らしてこの世の果て堕とした 祈りを空中(そら)へとその瞳に映すのは 欠けた月の螺旋なぞる指が辿り着く 場所を探してる抱き合うたび 捩(よじ)れる肌と微熱を貪(むさぼ)るように また胸を締め付ける放たれた翼が 願いを撒き散らしてこの世の果て堕とした 祈りを空中へと夜の淵に咲く華を 耳へ押し当てて響く街のざわめきに 吐息を重ねた今も滲む あの日はぐれた記憶が涸れた筈の 痛みを
抉り出す手榴弾(グレネード)の心臓ささくれる無数の赤い導火線が 刺みたいだなけなしの感傷と引き換えにこの手が掴んだものは ガランドウでした満身創痍の状態で 発射(はな)つ未来渡る世間は どうせ鬼ばかりじゃないの?どうして人は生まれてどうして人は互いを 傷付け合うの?肌や瞳の色が 違っても命の重さは どれも同じだから自分の道を 信じてきゃいい空っぽのオツム 引っ叩いてあれこれ知恵を絞った挙げ句が 裏
雨だれに 凍えた 君の肩が濡れる繋いだ僕の手を ポケットにしまってそんな 何気ない優しさに 僕は気付けなくてもう一度 君に逢えるなら 足りない言葉を 全部束ねて彩なして包む 傘になり 君を迎えに 行くからMy love, and I love...My love, and I love...「ごめんね」って どれくらい 君に聞かせたかな?「ありがとう」って どれくらい 君に言えたのかな?今は 何も
on on on Beat Box暗闇で探してるヒントまだ全然全然...平気さfreakyさウキウキさhere we go like that期待大今日の日開催here we go again like that偉大なる一歩昨日バイバイDo
Its dragging me downSo deep undergroundSeems the darkness is here to stayIm lost and
胸を刺す痛みと 絞り出す涙で今、僕を 洗い流してさよならの代わりに 伏せた君の瞳が最後の言葉を 探していた俯く君の横顔に 情けないくらい かじかんだ手を そっと押し当てて伝えきれないコトノハが 遠い潮騒と 吹き抜ける風に 掻き消されてく不意に見せる その笑顔に 身動き出来ないままやけに強く抱いたのは 別れを近くに感じていたから胸を刺す痛みと 絞り出す涙で今、僕を 洗い流してさよならの代わりに 伏せ
暮れてく 夕映えに 背中を押されて歩き出す 影が示す方へ絶えない 幾つもの 出会いと別れを繰り返し どこへ向かうのか人は誰も 迷いながら 罪という名の 運命(さだめ)を背負ってそれでもなお 生きる意味を 知るだろう僕らは そう Day by Day 明日へ 続く道の途中でNow Say It Again 君とふたりのまま 居られたならいいのになぁ...何かを 失って 何かを手に入れて削れてく 僕の
キミのために 今すべてを捧げよう繋いだ手を 離さないで湿ったアスファルト 錆びた雨の臭いに吸い込まれていきそうでずっと怯えながら 小さく膝を抱えて低い雲を眺めていたあの日君がくれた 優しささえなくしてしまう程 「ユガンダ」この世界で俯く その時はいつでも僕が 側に居るからキミのために 今すべてを捧げよう叶うのなら求めたのは 確かな温もりだけ繋いだ手を 離さないでざわめく街並に 洩れた君の悲鳴が掻き
Shut off the lights, all the windows are closingIll be safe here, keep on
Inside out ぶった斬れ 煩悩絶つ Triggerしょうもない Pride なんて ゴミの日に捨てて一切合切 猟る 侍 It Crazy内燃の機関が 唸りをあげるんだLife, It goes on爛れた世界だって 嘆いてるその前に神風(かぜ)よ誘え 未知なる方ヘ沸き上がる情熱(ねつ)と燻る魂が 胸を締め付ける燃える緋の様にThere, Ill find
The world is a battlefieldWere in a dark shadowYou win or youll be lost
乾いた唇 凍てつく太陽に 晒されて溢れる涙が 滴る眩しさで 僕をなぞるから足りない箇所を ただ埋め合う様に 君を求めていた触れ合う指に 伝わる切なさだけを 掻き集めて鼓動の奥に 翳す願いを宿命(さだめ)と言うなら残された記憶と 失くした君の面影が今も置き去りのまま…微かな吐息と 震える眼差しに 揺らめいて擦れる魂を 瞳(め)を射る煌めきが ふたりを包んで出逢わなければ 傷付け合う事さえも なかった
Gloomy news is hittin the headlinesSo depressin, not a surprisePublic places, there are no
Sweetest Coma AgainSweetest Coma AgainSweetest Chaotic Coma Again覚悟を決めなよ 君はそう突き付ける 上等なSkillで望む物は何? 挑発的なNoise 君に墜ちていく盗みに行こうか あの空の白い月 完璧なRhythmで視線をはずすな 駆け引き無しのGame 甘い意識の淵でJust Like Coma Im in the Coma Sweetest
Are you feelin good?Are you waitin for something you want?If you feel so blueNo
風が頬を擦り抜けてゆく濡れた髪 爪先踊らせる君の眩しすぎる笑顔が褪せた景色に 色彩与えた移りゆく 季節の中で変わらないものが あるなら降り注ぐ 輝きは限りなく 君へと届く夢が照らす あの場所へ空に舞う 瞬きが終わらない 明日へ運ぶ僕の答えになるから君の握り締めた その手が触れる僕に 体温を伝えた巡り来る 軌跡に抱かれ時は刻むのを 止めない駆け出した この想いは果てしなく 君へと続く愛が目指す あの
Can you hear me!?Come on everybody lets all get down to the placethat you
噛み締めていた 唇から吐き出すため息は 悲鳴の様でYou were my sweet, you were my onlyAnd you were my everythingYou never trick
かじかむ指を解いて俯く君の肩に降り積もる雪は 愛しさを静かに覆い隠して跡形もなく街並を 白く染めて傾く月の明かりが縁取る君の背中互いの傷を貪る様に涙で夜を塞いで宛もなくただ漂う 想いを消してその瞳の奥にある痛みが伝わるまで 側に居られたなら…還らぬ日々の 面影を残して サヨナラひとりで手操る 寂しさよりふたり紡ぐ寂しさに置き去りにされたままの 心が揺れるその瞳の奥へと悲しみが伝わるほど 君と居られ
Dont you get this realityYoure losing what is right, what used to beDont hide
鏡の前で君とまどろむ 薄紅の指先その手は不意に弱さを見せて 唇をふさいだあの日 君と約束を交わした今は二人 想い出せずに退屈な歌に耳を傾け 窓の外見つめる僕はドレスをまとい 踊って見せよう狂ってるかい 教えていつか 風にさらわれてゆくだろう今は二人 想い出せず oh僕はなぜ 風の様に雲の様にあの空へと浮かぶ羽がない なぜ星の様に月の様に全て包むあの夜へと沈む羽がない ああ忘れないで 愛あふれたあの
Concrete surrounding...With a single breathThey are freezing my heatFrom the scar, Im sufferingCause Im
絡み付く 闇を切り裂いて燃え上がる 鼓動の様に鎮せない痛み 幾千の悲しみが今君を 焦がしてく抱き合う度 震える指先が 夜を欺いて滲む景色 伝わる吐息だけがまた交われる場所 探してる天上天下轟く FLOW不退転で独損 ROCK ON諸行無常 空蝉の終世でI SHOW THE 万象絡み付く 闇を切り裂いて燃え上がる 鼓動の様に鎮せない痛み 幾千の悲しみが今君を 焦がして露と落ち 露と消えにし 夢もまた
Tell me why, you never gonna take the ride,Dont know why, you never gonna
塞がれた瞼から 流れ出した涙繰り返し蝕まれる 理性と血の欠片I dont want anything anymore(暴き出す感情が around Turn round)I dont feel the way as before(Gang
Ive been asking to myself,What this crazy feeling means to me?I need so much
TV is on, and I am talking on the phone.PC is left on too,
裂けた胸の傷口に 溢れ流れる PAIN In the dark重ね逢えた瞬間の 繋がる想い 融かして醒めない熱に魘されて 最後の声も聴こえないDont cry 壊れそうなほど抱きしめたら君が震えていた Oh…そっと 翳す掌に触れてみせて Never… Until the end零れ堕ちる砂のように 儚い願いを Close to the light閉じた君の面影に 涸れない涙 滲んでほどいた指の隙
I hear you talk about itWhat do you know?I see you write about itWhat
Break away The narrow way...腐りきった嗜慾(しよく)時代の狭間で 僕らは生まれた普天流転(ふてんるてん)だけが 人の世の理なら血と汗に意味なんてないんだろうThe only thing we have to fear is