天狗 (Ft.荘子it) – AAAMYYY

光は消えてった
何も残らない夜
この部屋にひとり
何処かで間違った
保身に走る政治家みたいに
奈落の底へ落ちた

わかったフリしてた
都合良く解釈しては
まるで天狗みたい
笑って見過ごした
あの時のあの人には
とっくに置いていかれた

叶わないって人のせいにして
一度だって自信が無くて
中途半端ままふわっと漂っていた
他人が造る正解に何度も踊らされていた
自分の進む道くらいあの時決めてたら良かった

後悔ばかりはごめん
どんな言い訳並べたところで
後の祭りじゃあんまり
身から出たサビ抱け墓場まで

思えば人を踏みにじって
お手柄は独り占めにして
ありがとうって誰にも
言わなかったから
大事だって思った人
エゴで雁字搦めにしてた
自分を偽ってでも
カッコつけていたかった
もう馬鹿だな

Get it back to the 2010’s
It’s not good old days
振り返るstory told
いつかまたあいつと出くわすストリート

上っ面coolなフリじゃ
明かない埒が
泣きっ面に蜂がやってきて刺すまた
遠ざける刺又
no matter howさ やり方は

調子いいうちにやり逃げ企て
鼻高々で高飛びrunning away

いやちょっと待って
飛んで火に入って
胸焦がす様like
インセクトのインセスト

貯金できない Happiness
直近の幸せに満足はしねえ
既にした充分 安全に痛い反省なら
You know I’m 大器晩成

後悔ばかりだごめん
どん底でいっそもがいて出直すよ
後戻りなら今すぐ
身が滅ぶ前に船の舵を切れ

たらればにまた落ちれば
醜い自分が益々廃るが
毒も吐き切れば化ける
何も残らない夜がまた巡る