水面の月 – A-One

人差し指から広がる水面の波紋 揺れて
あなたからそっと見つけて欲しくて

強くなるその瞳に映った月
覗き込むからあたしをねぇ掴んで

ありふれた言の葉は水面に溺れるわ
手のひらで掬う月 涙で滲んでいく
束の間に揺れた優しい幻想に
祈りを

やがて訪れた朝焼け 手のひらの月は消えた
あなたが宿したココロの熱さえ凍えてしまう

足元から朽ち果てゆく光を
ただ忘れるために意識は途切れた

探してたサヨナラは水面に溺れるわ
綺麗には出来なくて歪んでいくでしょう
偽物でもいいあなたの面影を
信じて

痛む傷口 寄せた想いの粒
小さく哀れなあたしをそう見下ろす月

イラナイ イラナイ モウナニモ

探してたサヨナラは水面に溺れるわ
綺麗には出来なくて歪んでいくでしょう
ありふれた言の葉は水面に溺れるわ
手のひらで掬う月 闇に溶けだして消えた
束の間に揺れた優しい幻想に
祈りを