Black Eye Blues — a flood of circle

そしてタイヤは転がる 国道を駆けずり回る
昨夜のステージの熱が冷めないままなんだ
熱い体をバックシートに埋める
ああもう 喉が乾いて仕方ねえ
缶ビールじゃまだまだまだまだ足りねえ
このままじゃ死ねないって喉越しで感じてる
夜の向こうに次の街の明りが見える
生きてるってことを確かめに行くんだ

全ての街を回ってもまだ
全ての歌を歌ってもまだ
この国にブルースを流し込んでく
Black Eye Blues

ぶちまける カラになるまで 口開ける Black Eye Blues
ぶちまける まっさらになるまで 口開ける Black Eye Blues

そしてタンデムが焼ける 記憶がのたうち回る
悲しみの捨て場がないから連れて回ってる
旅路の果てには新しい旅路しかなかった
転がってる状態でこそ 俺は俺でいられるんだ
缶ビール終了 消化できない感情が歌になる
誰か降りてはまた乗り込んで
バンドワゴンは次の街への境目を越える
生きてるってことを確かめに来たんだ

全ての街を回っても無駄?
全ての歌を歌っても無駄?
この国のブルースを溜め込んでる
Black Eye Blues

ぶちまける カラになるまで 口開ける Black Eye Blues
ぶちまける まっさらになるまで 口開ける Black Eye Blues

そして悲鳴を上げてきしむシートの上
ステージで点火予定の爆弾をイメージしてる
抱きしめる 中指を立てる
酔ったふりしても こみ上げる本音は単純だ
ここにいるのは ステージ上がるたび レコード出すたび
世界が終わると本気で信じる愚かな生き物
やりたいだけ 最高なだけのただのロックンロール
生きてるってことを確かめに行こうぜ

全ての街を回ってもまた
全ての歌を歌ってもまた
新しいブルースを吐き出してく
Black Eye Blues

そしてタイヤは転がる 国道を駆けずり回る
今夜のステージの熱が冷めないうちに行こうぜ
バンドワゴンは次の街への境目を越える
生きてるってことを確かめに行くんだ
ぶちまける Black Eye Blues
ぶちまける Black Eye Blues