いつまでも – 9mm Parabellum Bullet

眠れない夜が来て
君のこと思い出してる
どんな時でも それで心の
霧は晴れていく

何もかも投げ出して
立ち上がる力もなくて
耳をふさいで いても確かに
届く声があったこと

愛する人よ ぼくらの日々を
ジタバタしながら 通り過ぎていこう

いつまでも いつまでも
その先は誰にも
わからないけれど 君と

いつになく 惜しみなく
降りそそぐ光が
いろあせる前に 誓うよ

夕闇が降りてきて
君をまた思い出してる
やがて小さな 窓にあかりが
ひとつふたつ灯るよ

愛する人よ 誰かが決めた
幸せなんかに しばられなくていい

どこまでも どこまでも
その先は誰にも
わからないけれど 進もう

わけもなく とめどなく
あふれ出す涙は
すべて君だけに 捧ぐよ

遠く離れても すぐそばにいても
変わらないものを 見つけたいね
きっと神様も とがめはしないよ
僕たちがそれを 信じたって

いつまでも いつまでも
その先は誰にも
わからないけれど 君と

いつになく 惜しみなく
降りそそぐ光が
いろあせる前に 誓うよ

いつまでも いつまでも
終わらない ぼくらの

愛の歌を 今 歌おう

どこまでも どこまでも
その先は誰にも
わからないけれど 君と