杏里へ – √9

覚えてる?僕らが 出会った あの時あの店での事
お前は確か 花柄ワンピ 着て僕の横座っていたっけ

ひたすらみんなの注文 小さくうなずきこなして
僕のつまらない話にだって 優しく笑ってくれた

ありがとう心から うれしかったよ たすかったよ 照れくさいけれど
あの時から僕は、お前の虜になることを誓ったんだ

届くかい 僕の気持ちが 伝わるかい 僕の気持ちは
どれだけ お前が好きか 分かるかい 分かるかい いつもお前がすべて

出会ったあの日の乾杯 見つけた本当のときめき
僕の気持ちを僕の願いを 勇気だしてきりだした

もう一度会いたいと 明日でも何時でもいいからあおうよ
何か感じたんだ 言葉では表せない何かを お前を見て

届くかい 僕の気持ちが 伝わるかい 僕の気持ちは
どれだけ お前が好きか 分かるかい 見えるかい いつもお前がすべて

お前はどんなことを考えて一緒に いてくれてるか わからないけど
出会いくれた神様に、出会ってくれたお前に感謝しているからね ずっと

ねぇ杏里 僕の気持ちが 伝わるかい 僕の気持ちは

どれだけ お前が好きか 分かるかい 分かるかい いつもお前がすべて

守るから お前のとなりで 約束 守るから
嬉しいとき 悲しいとき いつもとなりにいる
だから こっちにおいで

コメントを残す