ねぇ もうどんなことがあっても絶対にこの手をぎゅっと離さないで居てねあなたとならなんでも上手くいくんだあなたの前でなら自然体でいられる 逢えない夜はすっごく長くて 神様を恨んだりもした恋愛で苦しむなんてもう古いんだからevery day 一緒にくっついていようよ プロポーズなら毎日聴かせて愛してるも聴き飽きたりしない二人で終わらそう 孤独な日々をやっと今日が 永遠のはじまり 目玉焼きは二つ、君の好きなコー
偉い人と繋がってあの人気の子と仲良くなってもうそういうの 疲れちゃっていちぬけた クラブ 朝方 帰り道人生も そろそろ 中盤戦涙の終わりをくれた あなたの元へ帰ろう こんな私でも 価値があると思えたきっかけはあなたがくれた一輪の Roseこんな私だって 誇れるようになったきっかけは二人の間に咲いた Rose つらかった日々も もう大丈夫全部全部 今日に 繋がっていたの あったかい 布団 もぐりこむ朝日が 
あなたがいなくなったらしばらくは泣いているでしょう あなたがいなくなったら抜け殻のようになるでしょう あなたがいなくなったら忙しい毎日に身を任せ あなたがいなくなったら忘れようと心に決める日が来るでしょう 戻りたいとも 見返したいともそんなことは思わずにこれでよかった、これでよかった とそっと忘れてゆくのでしょう 恋を忘れてゆくのでしょう あなたがいなくなったら大切にしていた指輪を外して あなたがいなくなった
祈りの歌 届くように優しい場所に いますように小さな命 幸せでいて願いながら 世界は廻る 光になった 今はどんな気分かな僕らはこっちでどうにか生きてるよ迷い込んだ 君は小さな蝶痛みと引き換えに 空に飛んでった さよならの日は とても晴れていてありがとうって何万回言ったかな春は桜 夏は青い海この世界の奇跡を見せたかった 待っていてよ 雲のベンチでくたびれたら 会いに来てもいいから 祈りの歌 届くように優しい
昨日言った事 間違ってないよ大半が 私のワガママそれでも 素直になれなかった 本当は すごく傷つけたあなたは無理矢理 微笑んでたごめんね ダメな結果ね あなたの前では 甘えてばかりイイ子なままじゃ いられなくて本当はもっと 強くなって君を守りたい一人になるくらい 全然平気でもいつもどうして 逢いたいよbaby駆けつけていく どうなっても知らないさただ君に逢いに行くアイシテルの呪文とともに携帯を握り締め大
Woo let me tell nowWoo let me tell nowI want you back I want you
最後に言えばよかったかな最後にしたくないって最後に泣けばよかったかな、バカだな…最後も笑ってばっかで どーでもいいメールとか一緒に考えたギャグとか多すぎる絵文字とか全部全部から好きって伝えてたんだよ 送信ボタンにそっと触れたらもう終わるんだね、2人、終わるんだねこんなに人を好きになれたのに もう、あえないんだね キミのこと、こんな好きだったなんてこんなに胸が苦しいなんて嫌なとこたくさんあるのにたった一つの
何度も君を困らせた気まずい思いをさせたね会えなくなる前にひとつちゃんと伝えたいことがあるよ いつものたまり場で君見つけたのはかなり前夕日を背に友達とはしゃぐ君はすごく綺麗だった 追いかけて追いかけても引いてみてもダメで君がいい、君がいいって叫んだ最後の告白するよ真っ直ぐに聞いてね「今日まで恋させてくれて、ありがとう」 泣いても可愛くなっても届かず終わる恋もあるどんな毎日が来てもこの想いだけはずっと忘れな
君は今なにしてるのいつも頭の中で君を想う離れているだけ 気持ちをつのらせ君の声がいつもただ恋しくて 眠れない夜には君を思出したりSNS 越しで君を探し“いいね”押したり寂しげな態度見せて君は俺を悩まし忘れないあの時を君に恋に落ちた日 きっとずっと僕らはこの広い世界の中お互い探しているのかな 繋がる運命のような知りたいの君の事を 言えない君には“no no no”止めれない今はどうしようもまた気付いたらone
私の好きな人には好きな人がいた私の好きな人は私を友達だと思ってた あなたの好きな人は私の知らない人あなたの好きな人は写真の向こうで笑っていた みんなにからかわれて 嬉しそう紙パックのカフェオレのみながら 一緒に笑った その恋を応援した振られちゃえばいいと思いながらその恋を応援したどうせ別れちゃうよと思いながら女友達を演じた台本もカメラもない主演女優賞ものの清楚可憐な Actress 私の女友達は私の気持ちを
今も君がこぼしたコーヒーの跡 消えないラグ何度も消そうって 努力したのにもうなんで?もうなんで?もうなんで? 涙の音さえ響くワンルーム ボロボロ溢れて止まらないあと何回同じ毎日を過ごせば 君を忘れられるの 誰かが待つ君のとなり私が待つ君をひとり三日月が消えそうに泣いている強くなりたいよ 強くしてよ、ねえ、moon light… 駅は二つ隣 遠くにいるワケじゃない、でもバスタブにもいない テレビの前にも ベ
つらくないつらくないつらくないこのくらいこのくらいこのくらい君といたい君といたい君といたい認めない認めない認めない 命なんて 抱きしめてもらうだけにとってあるの君となら 睡眠薬がなくても寝れる つらくないつらくないつらくないこのくらいこのくらいこのくらい君といたい君といたい君といたい認めない認めない認めない 口がきついところもちょっとキレやすいところも周りにはいい顔するところも全部わかってるよ本当は違う
「好きは好きなんだけどね、そういう好きじゃないっていうか、うーん…今はまだ付き合うとか考えれなくてごめんね!でも君と一緒にいるときがいちばん安心するし」って言葉に簡単にひっかかる またその話?いつ次会える? またその話?いつ付き合える?たまに会う関係それじゃダメ? キリがないそれ以上求めたらねAh, 都合の良い女? だって寂しさ紛らわすなら気持ち良い方がいいでしょ? ほら力抜いてその方が奥の奥までよ
じゃあまたどこかでと 小さく手を振るとっても痛くて 涙が溢れた さよならが言えずに 動かなかった両足も今はただ流されて 毎日を歩いてる とどめておけないどうにもできない恋泣きそうな愛してるがここにまだあるよ ねぇ 名前を呼んでくれたら走ってすぐに会いに行くからねぇ 今は自由に暮らしてるけどあなたの元に帰りたい 燃え盛る夕日も帰り道も耳にかけた後れ毛も好きになれたよ 楽しそうに笑ってるあなたばかりあなたばかり
似たもの同士で 週一は喧嘩ばっかお互いゆずらない 頑固同士友達の延長 ドキドキすることもあんまないし好きなタイプともちがう 君が選んだ帽子もイマイチで旅行いっても「疲れた」とかいうしだらしない寝起きもムカつくし私の話も右から左 ねえ それでも好きで 君が好きで笑い合ったら、また許しちゃう愛してるって言うと 涙がでるなんでだろう 一番安心するよ 突然変なダンス 踊り出したりするし私がボケても苦笑いイルミー
あたしがあんまり強くひっぱったからあなた痛がって遠く見えないところまでするすると逃げてった 一人で絡まってこんがらがって動けずに泣いてたら「なにやってんの…もう」って呆れながら戻ってきた この糸はどこに続いてるのって生まれてからずっと探してたこの糸の先には ほらあなたがいる あなたがいる ひっぱって また戻してあなたの糸を手繰り寄せてまたひっぱって そして絡まってもう離さないよ たとえ一度でも切れたとした
失うことはどうしてつらくてこわくて痛いのどうして君はそんなに強く立っていられるの ほら何かを捨てなくちゃ新しいものは手に入らないあれこもこれも全部なんて抱え込めるほどあたしは器用じゃない 一番大事な人を一番愛せるものに変えるため さよならをしようもっともっと大切にするためにさよならをしようずっとずっと愛していけるようにぼくらはきっと離れる痛みを知るために出逢ったんだねSo long long Good bye ね
そばにいたのは 私だよ誕生日も 何にもない日だって意味わかんない「彼女できた」とかふざけた事言うよね この前、話してた子かな君のコトなんかお見通しバカだな…もう別によかったんだよ都合のいい女やってあげても ありがとね 一生 さよならね大好きよ だけど 嫌い嫌い嫌い生まれ変わる事が出来たら覚えていたなら今度は愛してね私を見つけてねまた、来世で 抱きたくなる匂いって言うから同じ香水つけてたのよバカみたいでし
I still love yousmile for me, smile for me, oh babysmile for me, smile
いつだってI LOVE YOU I LOVE YOU唱えてたI NEED YOU I NEED YOU願ってた好きになったその日からすぐに振り向いてほしかった抱きしめてほしかった叶わないなんて思わない思いたくないよ A.S.A.P…X.O.X.O… 人の気も知らないで今日も雑に絡んでくるけどそういうの やめてって言っても聞かないから嫌いだよ しつこいよマジ笑えない 「お前といると楽しいけど付き合うと
何の悪気もない悪魔に出会った君の腕に無邪気に絡み付いてるの 一瞬なにかわからなくて思考停止 わかんないの体が固まって動けない心が 壊れてく君が 遠くなる 叶わない恋をした私、見たくなかった傷ついて泣くために恋してたワケじゃない 涙を抑えてもどんどんと溢れるバレないように下を向く 何の悪気も無い悪魔は笑うの幸せそうに君と小さくうなづいてる 髪が長くてサラサラしてて肌もふわふわ 天使みたい私には悪魔に見えるの 気
hi、はじめましてどちらさまですか?ちょっと思い当たらないえ?彼氏だっていうの? うーん、おかしいな~彼氏は他の女と寝たりしないでしょご遠慮願います。 私を置いてこっそりあの子と会って助手席に乗せてお泊りデート 風邪ひいたって心配してたのにこれって彼氏がするようなことじゃないね それじゃあ、あなたを元彼に任命しますね、それでいい?だからもう金輪際私に近づかないでママに言いつけるわ hi、はじめましてどちらさ
まあいいや、死ぬワケじゃないし。こんなこと何回だってあった何回だって泣いて叫んだ時間たてばほら平気になるっていうじゃん次の恋が痛みをなくしてくれるとも聞いた もう探さないもう考えないもう振り返らない 一人の夜がこんなにつらいなら恋なんか キ エ テ シ マ エキ エ テ シ マ エ一人の夜がこんなにつらいならキミなんか キ エ テ シ マ エキ エ テ シ マ エ 想いが大きくならないようにいろんなこと
道端に座り込んで震えてる手をそっとセーターの袖で隠してさ飲みかけのペットボトル傷んだ髪はいつも私の勲章だった 今日も愛されたいって嘆いて歌ったりして足りない何かを埋めてくれる光を探してる だって世界はもっとカラフルだって信じたい 朝日がのぼりはじめたらまた夢を見るよ見たことない何かを探して終わらない道へ 本当に大切なものって何だろうこれから何をしようかな 単調な作業でも嫌がられる仕事でも絶妙に繋がってみんな
これからいろんな場所に連れてってねたくさんたくさん思い出つくろうね口が悪いとこもあるからたまに叱って可愛がってね君が大好きだよ 笑うツボが一緒だよね好きな食べ物も似てるよねゲームも動物も好きだよねお笑い番組も一緒に笑えるね たまに心開けないとことか考えすぎたりするとこも似てるから君には言わないけどきっと運命の人だよ 君となら 心から信じ合える 離さないでね これからいろんな場所に連れてってねたくさんたくさ
ねぇ、かみさま…かみさま…許して、、諦められない一度だけでいいです、、あの人を振り向かせて… 帰り道に自転車でキミはいつも追い抜くね遠くなる背中ボーっと見つめてるよ あの自転車の後ろに乗せるコはいるんですか?聞くことすら怯えてる自分にムカつく キミの周りはいつもカワイイ子多いしさワタシなんて目もくれない付き合えるわけない分かってる、分かってるんだ… ねぇ、か
友達以上、恋人未満。キミは私のことどう思っているの好きって気持ち私ばっかおさえてる優しくされるたび嬉しくて痛いよ ねぇ、こんな夜中にどうしたの突然会いにくるなんて期待しちゃうよ ねぇ、なんでそんな話するの思わず好きって伝えたくなる 笑いあうたびに (スキダヨ…)触れそうになるたびに (スキダヨ…) 友達以上、恋人未満。キミは私のことどう思っているの好きって気持ち私ばっかおさえてる優しくされるたび嬉しくて痛
乾かした髪を君の手が優しく撫でるから帰れない 歴史が一つ終わってくその話が好きよすぐに忘れてしまうから何度も聞かせて 生まれ変わっても 君を見つけ出そうたとえ時間が 邪魔をしてもきっとその手を探してしまうでしょう記憶を辿って 降り出した雨が窓の外君の鼓動と重なり出す 遠くに聞こえる電話さよならの合図心は今も訴えるまだ此処が痛いよ 生まれ変わったら 君から逃げようこの手をいつか 掴まえてよたとえ世界が作り話で
やさしくやさしくキスしたそんな泣いちゃ 手を離せない胸が詰まって声にならないけどボクらはもう 目を合わせてない 言いたいこと沢山言いあってきたけど伝えたいことはひとつだったのに 愛は 愛は 愛は どこへゴメンって言ったら戻れたかな 愛は 愛は 愛は どこへ愛してるのに、もう愛せないんだね 勝手ねってキミは泣きながらボクの胸を少し殴った 何度も抱きしめてきたキミからボクはもう、離れなくちゃ どこでまちがったの最
泣きたいときは 泣いたらいいよHello Hello エミ苦しい気持ち 少し分けてよHey 大丈夫? エミ エミが泣くなら ワタシも泣くよHello エミ、エミ…もっと ウチらはさ 輝けるはずだよoh oh 輝けるよ… ねぇ、前に言った通りでしょ?アイツは振りまわすでしょ?好きな気持ち分かるけれど 見てるこっちがツライ マジ別れちゃえ!って言いたいよ エミのかわりに電話したいよしばらく うちにくれば? 着