待ち合わせは2時間前で此処に独り それが答えでしょ 街ゆく人 流れる雲僕のことを嘲笑ってた それは簡単で とても困難で認めることで前に進めるのに信じられなくて 信じたくなくて君の中できっと僕は道化師なんでしょ 回って 回って 回り疲れて息が 息が切れたのそう これが悲しい僕の末路だ君に辿り着けないままで 僕を乗せて地球は回る何も知らない顔して回る 1秒だけ呼吸を止めて何も言えず立ちすくむ僕 それは偶然で そし