四季が流れ行く この国は桜の花びら 春風 夏祭りに酔いしれて赤茶色一面 収穫 白い雪が降りそそぎ目をあければ白銀世界 美しき国 楽土 楽土狭き国 楽土 楽土寄り添い歩き 楽土 楽土海に浮かぶ 島国
溢れだす悲しみを捨てていけばいい!!!多くてかかえきれない人生旅行記!!! 嗚呼、このまま足を止めても、僕の夜明けははじまらない切符を買ってどこまでも 夢旅行にでもいきましょう 流れる想いを永遠に 心に書きとめよう何もいらない僕の目が 思い絵を焼きつける思い出はそこにある・ 夕日が沈む頃に空が僕に泣いている(‘-‘)楽しいだけじゃない人生旅行記・(ノД`) ああ降り注ぐ雨たちよ!!! 
ラムネ飲むよ 専用の栓抜きで、あわが溢れてあわてるよ。今ね、若者の中で、大流行。町を闊歩して歩くんだぜ! 甘酸っぱい味がのどに流れるきっとこれは恋の味 夏の匂いが聞こえてくるよそんな時には、恋と君と、僕はラムネ お祭り、屋台がたくさん、目移り、俺は君だけしか見ない今日は、特別に綺麗だねって声を かければ赤い顔。 甘酸っぱい味がのどに流れるきっとこれは恋の味 夏の匂いが聞こえてくるよそんな時には 恋と君と、僕は
あなたのために贈る 贈ることやめないよ一切合切笑ったら 笑う君の笑顔が好きOI OI 今宵弥生OI OI 花咲く日
高鳴る鼓動が鳴り止まず気づいたんだ水が欲しい…紫のチューリップに注ぐ花言葉は無限の愛 そんな花でありたい僕は、大事な日には、花贈る。一日だけど、嬉し顔、優しい天使になれるのさ!はい!!! あなたの為に贈る 贈る事やめないよ唇かみ締めて 大事な大事なお金出す!OI OI 今宵弥生 OI OI 花咲く日 風が涼しいこの夕べ、月明かりに黄昏輝…ベランダにある幸せの木七年間活きているよ この世にたくさんいい歌あるけど、こ
青い空に白い月、さみしそうに顔を出す。木々の切れ間に光。今日の夜は晴れらしい。 風香る、空見てる。雲ひとつない晴天に一番の星… 愛に来て今すぐに、夜空の星の河越えて…あなたの花唄を肌で感じたい… 誰もいないこの広い道路で何かをしよう。右手をさしだして、夜空に向かってピース。 涼しげに虫の声両目から溢れ出る嘆き声 花一輪の唄 風が届けてくれる…今、ここで生きている場所は本物。 愛に来て今すぐに、夜空の星の河越え
永いトンネルを潜り抜け その先には何がある?俺たちの未来を賭けた 枝別れた未知がある。 世界一になりたい世界一になりたい世界一になりたい 君となりたい。 震える氷の世界に 選択の余地はない。別れる痛みを捨てて 残されたものだけが真の仲間だ。 欲しいものは真実欲しいものは真実欲しいものは真実 愛と真実。 天上天下、武に成して栄となり、雄となる。いつの日か、叶うのか。いつの日か、叶うんだ。成せば成る。願えば、叶う
何かを探しに行こう答えを探しに行こう僕たちの宝物夢を探しに行こう 真っ青な空にふわりと浮かぶ東京の空に飛行船 飛んでいる あなたは何してるんだろう何を考えてるんだろうまた落ち込んでないかな身体は疲れてないかな なんかうれしい 心広がる東京の空に飛行船 飛んでいる 見あたらないよ 僕たちの悲しさは手のひらで感じるぬくもり それはあなたであなたの心で崩れない愛を愛をつかむんだろう きっと掴むんだろう そう願って
美しく君と終わりたかった想い出が深いから夏を越えたら、寂しくなるよ音楽に逃げる 君といる時間、大事にしたかった君と想い出をもっと作りたかった 傷をつけても変わらない僕の心を許して最後に言いたいことは凍える君に勇気を…太陽とさよなら 大事な僕の心のよりどころそれは自分自身で座って向き合って歌声を出して僕は強くなる 右手と左手をそっと あわせるあなたの幸せを心から願う 涙が溢れ出してく弱い命が出て行く幸せを願え
みんなと一緒に泣く青春 みんなで歌う青春悩んで悩んで悩みまくるのが青春 好きといえないそれが青春毎日が切磋琢磨な青春 負けて泣くのが青春勝って笑うのが青春 まっすぐ信じていく青春あれも青春これも青春 楽しいのも青春痛いのも青春 哀しいのも青春 嬉しいのも青春夢を追う君の隣の僕、青春時代真っ盛り夢の為に走れる時間だ青春 色んな悩みがあるからこそ青春悩み苦しみがあってこその青春 一瞬一瞬が青春 ありがと