眠れなくて窓を開けて見上げた澄んだ空 26時 気がついたら朝が来てこの気持ち誰かに認めてもらいたくて走った なんどでもまた起き上がれるあの日抱いた夢だけはまだ諦められない 自分が信じた未来へこの壁も次へのステップきっと信じてれば輝く日がくる無限に広がる未来へ不安はもう手放して約束するよあの星より輝く私になるって いつも誰かに気づいてほしくて誰かの評価がほしくて安心できるものずっと探してた鏡に向き合い問いた
君に恋をしたこの夏見つめ合うだけで溶けてしまいそう夏が加速させていくのこれこそが恋ってやつなのね every summereverybody summerJump(churu churu summer) ねえどんな夏にしようか日頃のもやもやも消化みんなで過ごす 特別級なサマー何かが起こるサマータイム余すことなく楽しみたいドキドキ止まらない! 恋だって負けられないよバケーションで決勝!ラブストローいっしょに飲もう
「ねぇ、あの星の名前は?」あなたが宇宙(そら)を指してすぐに見つけたものはとても眩しくて 遠く遠く広がる暗闇の世界には幾千もの光が同じように在る 時に僕たちは星座として呼ばれ一つに集まり意味を成すけど僕にも光があるよ アルタイルよ教えてくれないかその光瞬く意味をアルタイルよ教えてくれないか確かな意味をもって恐れずいられる理由(わけ)を 「ねぇ、あの星の隣は?」あなたが宇宙(そら)を指してやっと見つけたもの
キミのもとへ B dash これからどうなるのこの恋はじめよう2人きり恋のマスカレイド しわくちゃのシャツ腕まくりたまに魅せるさりげない笑顔気づいたときには恋に落ちてたキミを思う度胸が苦しい 授業中も放課後も頭から離れないよ 恋に恋してるのかもでもっでもっでもっ キミのもとへ B dash 誰も知らないマスカレイド夢の中キミのもとへ B dash 走り出した想い止まらない止められない気づいて恋のテレパシー 廊下の隅で鉢
『明日雨降ればいいのに』とか『どうせ良いことないし』そっぽ向いて『お気に入りのスニーカーは綺麗なままがいいの』なんてね ただ叫んだよ?応答のない世界だけど本当は、本当はまだ信じたいんだ 分かってんだコタエなんてないってだけど胸(ここ)にある『確かなモノ』名前も知らないよだけど大事なの大嫌いな夜が今日は少し優しいからきっと歌える気がした今までの事も明日晴れたら出掛けようかな声が枯れるまで『ハローハロー』
ありきたりな想いを伝えるよ 言葉じゃ足りないから歌うよ真っ直ぐ届けばいいな『君に逢えて良かった』心から… 理由もないまま駆け出した 煙を掴むような毎日は悔しさもある不安だってあるそう上手くいかないやそんな時もただ側にいて見守ってくれる存在が勇気をくれる魔法みたいな支えだった 頼りないこの手で何が出来るかな答えは今日も出ないけど ありきたりな想いだけどホント言葉じゃ伝えきれない程この景色に何度
なんで (なんで)こんな (こんな)正式な名前があるのにニジマスって略すのよなんか (なんか)もっと (もっと)可愛い名前があるはずでしょ!Are you ready?1!2!3!4!5! いつでも笑顔ニコニコ虹すまいるみんなのお母さん博多の女!(せーの! あえり! あえり!我らがリーダー!あえり!×2) たらふく食べてぐっすり寝てるお転婆クソガキ絵描き娘!(せーの! りんりん!りんりん!絶対的センター!
「ねぇ。」君が本当の気持ちに気付いてくれるその時まで僕は何も出来ないんだよどんなに好きで好きで好きで好きで胸が苦しくても僕は変わらず過ごさなきゃね「好きだよ。ねぇ、大好きだよ。君が。」今日も夜空へ叫ぶよ 帰り道当たり前のように君の隣を歩く近すぎもなく遠すぎでもない距離何年も見えた道の途中 いつもの曲がり角で今日も僕ら「またね。」って交わすの あの子より何倍も君を知ってるんだあの子より何倍も君を見てるん
浮わついた気持ち諭すように胸を撫でる夢でみたの君の顔が離れないんですもどかしい思い全部夏のせいにしたい火照る頬が君の事を「好き」って伝えてる もういいかい?もうちょっと照れ隠しのハートのサングラスもういいかい?もうちょっと雑誌でみた流行りのオフショルもういいかい?もうちょっと私に気づいてよねえ夏のトレンディ ハートサングラス君を眩ますほろ苦い夏I love you (I need you)アツアツ summer a