「まず最初に」「皆さんに多大なご迷惑とご心配をお掛けした事」「深く反省しております」 ねえねえ、それは一体何の事僕は本当に何も知らないよ君のその謝罪で君が“悪い事した人”なんだって僕は知るんだよそれで皆んなが調べてさ別に被害なんか受けてなんかなくても君を悪い人だと思わなければ時代に遅れるような気がして しょうがないしょうがない何を言われたって仕方がない上澄みを掬ってそれが君の全てだと言うんだしょうもな
今、一つ、身に消えて行く焼ける様な煇が又、二つ、露わに成って今宵の闇に消える 唯、一つ、御伽噺に幕切が無い様に又、二つ、忌まれし運命も塗り替わって移ろうの後悔の行く末よ 嗚呼 今繰り返す名を赤い華も踊る 夜に哮るその残響をさあ今語られる名を泡沫の命と今名付けようか 今、一つ、風を纏って終わりを映し出す又、二つ、闇を葬って垣間見える瞬間を 嗚呼今消えて行く名を鮮やかに彩る時を翔けるその残光を 嗚呼 今繰り返す
ここで幻を追ったって何も始まらないんだっていつか終わった夢だったってそんくらいわかるよ僕だって こんなに大人になったって自分に言い聞かせたって失くしたものはいつだってもう戻って来ないんだって 僕は今でも離せないまま 変わった景色が瞬いて僕らが居た記憶の中へ過ぎてく時間が過去の事になってしまっても 露と消える何かを今も想っているけどわかっているのに それでも ここで幻を追ったって何も始まらないんだっていつか終
もう己の声も憶えちゃいないと歪な笑い方さえ出来ない土の壁の中を響く電子の音傷をなぞる様に描いた 今はせめて時を止めてその色で塗り潰して 走り出したこの運命から君を見失わないようにもう一人で迷わないように君の声を聞かせてくれないか 聞かせてくれないか 一度きりの今を積み重ねて今日も見つからないものを探し続けて僕達がいつしか出会った理由もきっと誰にもわからないさ だからせめて僕の存在をここで証明してくれないか 忘
例えば今動き出した時計の針を僕は眺めてるようだまだ明く光るテレビの中も始まりを告げる終わりさえ知らないまま 例えば今頬桁を伝う僕の悲しみも足元に落ちていった朝に紛れ僕は夢から醒めた街の声が泣き顔を隠したまま僕はここにいるから 全て嘘にしてでも笑い合いたかったから君を忘れられずに心に描いた あの日のまま願い事を繋ぎとめて時は流れていった消えてしまいそうな脆い記憶を潰えないように 解けてしまわないように僕は
そっと 手を伸ばしたむこうの カゴのフルーツ静かに 過ぎる時間と億千の 思い出と 大丈夫だから 怖くなんてないもう泣かないで あたし… shining ray and burning red今だけ 強がらせてきっといつか 帰る日が来ると信じて ここにいるから きっと 何も変わらず全てが このままなの何度も 見た風景とちょっと ずれた時計 何をしてても 何を思っても同じこと いつか… shining ray and bur
リュックを背負って街を彷徨って出口も入口も判りゃしない僕らは其ん中の何千分の一とまさかね 知る由なんてありゃしない 自分を棚に上げて呟いたこいつらマジで暇人かよ(笑)と今だってそうやって画面の中でまるで他人事みたいに その点と点を結んで繋がった線の中からはみ出した僕を見つけておくれ 目まグルグル回る回る踊る陽気な馬鹿達が夜に紛れては溺れる ほら、目の前で騒ガサガサ笑う笑う街が照らす馬鹿達が意味なんか欠片
例えば僕らが記憶の片隅 消えていくとして確かな未来もまるで迷路みたいに 偽りと現実の境界線 夏の音に混ざっていく 今を繋ぐ線上を 動き出した幻想を七色に連なって加速するまた壊して また繰り返して降り注いだ閃光を 止める術と抵抗を探す意味がここにあるとして もうすぐ、世界が始まる 例えば僕らが 世界の終りを見届けるとして明日は来ないと まるで映画みたいに 偽りと現実の境界線 儚く崩れていく 溢れ出した感情を 過
僕達が現世に産まれ落ちた意味など無いのかもしれないが意味が無いと僕はやりきれないから大袈裟を承知で聞いておくれ 例えば揺れる満員電車の中席に溢れたお年寄りの前で先に誰かが譲って安堵する僕はその程度の人間だから 子供の頃に見た背中はもっと遠くて僕なんかじゃ届かないかもしれないけど この小さな手が離れないように君が悲しまないように僕の全てを捧げてもこの小さな未来を誰も傷つけないように僕の命が尽きるまでは 僕達
今輝いた星のネオンが夜を教えてくれた白く浮かんだ君の吐息が行く宛を探していた 失くしていたメロディが奏でられて鮮やかに広がって さあ ほら色づいた僕達だけの世界をおとぎ話のような奇跡も何も要らない魔法の言葉涙滲むほど君のその口癖をこれから先もまた何度でも聴けるのならそれが奇跡だ 街の景色が僕を照らしたただ理由もないまま白く飾った君の思いが胸のドアを叩いていた 忘れていたメモリーがやがて晴れて僕達を彩るだろ
君はまだ酷く痛む傷口を誤魔化してんだ分かり合えなくてもそれでいいんだよ、たとえ上辺でも 僕はまだ 朝の喧噪の中に紛らわせてんだ薄っぺらいのがちょうどいいんだよ、どうせこんなに綺麗な写真も、実る赤も、風の匂いも二人の記憶も日常に消えていくから 僕たちが探した未来はこんなに小さくてどこにも見つからないまま、どこかに置いたまま今薄れてく知らないまま消えてくくらいなら、忘れてくくらいなら思い出が壊れないように
流した涙と夜の静寂に手を伸ばした 闇に染まったとしても 今宵も開かれる宴に静かに一輪の華を探して彷徨っていた可憐に僕に向け浮かべた綻ぶ微笑に奪われた僕の心を たとえこの世界の全てが僕らを引き離したとしても 交わした契りと鉄の誓約に目を逸らして 今を揺蕩おう流した涙と夜の快楽に手を伸ばした 闇に染まったとしても 今宵は閉じられる宴に密かに告げた真実を信じていいのでしょうか貴女が囁いた言葉は今更僕に向けられた
Dance!その掌で転がりたがってるのささあ共に踊りましょう 堕ちるトコまで Stay 僕を置いてくまだ静寂の中夢の中さえもどうせ独りきりさPray まだ祈ってる ただ何も知らずに君の中さえも僕の居場所が見つからない Dance!その掌で転がりたがってるのささあ共に踊りましょう 堕ちるトコまで Slave 僕は何時でも君の奴隷さ気持ちも本音も何も知らないままでFlay 思わせぶりなその揺れる態度に何もで
誰にも疎まれたくないと思ったガラスの向こう側じゃ何処にも僕の味方など誰一人居ないと思った 価値の無い言葉を羅列した認めて欲しいと思っていた誰かを傷付けたって構わないと思ったはずなのに 今 僕が居なくなってもそれで世界が廻るのならそれはそれで別にいいさなんてとても言えないさ例えどんなに情けなくてもまだここに獅噛みついてる女々しい嫌われ者の詩書き殴るように吐き捨てるように問いかけた 例えば与えられた役目が誰
こすれ合ったこの手と手がまるで僕を馬鹿にした誰かの目が突き刺さった「ばくはつしろ」と願ってさ 気持ちいいなこんな優越感まるで劇薬のように一時だけ僕に夢を聞かせてくれるのならば 願い事は4つでも5つでもいいから 僕以外の誰かを触らないでよ好きなモノはなんでも与えてあげる僕以外の誰かを見つめないでよ歓びに満ちた瞳を抉ってあげる 振り払った細い腕が脆く壊れちゃいそうで間違ってた君に愛を注いでしまった事が ほんの一
ここで僕が歌わないとして誰もここで見ていないとしてそれで何を変えられるんだって言うんだろう観客は満足で帰って僕は美味い酒を酌み交わしてあーだこーだと要らぬ持論を語るけど きっとこうしてる間に漫画も読めるしあのゲームだって進むしぐっすり寝れるんだ 僕は誰かの賽に 明日を委ねているんだ今日もいつの間にか “一歩進む”んだ ここが僕達のスタートだって毎度自分に言い聞かせたって意味ありげな無意味を並べんだって気付
一つだけ残った 映画のチケット独りで眺めた 物語も知らずに 窓際の机と 騒がしい教室視界に映るのは 僕の“友達”寝癖もとらずに 猫背を丸めて何時もの景色だ 哀しい位に ほら 今、耳を澄ませば誰にでも優しい声が 瞬いては消えて行くその答えを求めてはいけない気がして僕の涙を知らないその背中もいつか僕を忘れてしまうの 放課後に交わした 他愛も無い約束器用に笑った 隠した心に 無意識に 気付かないように気付かれたっ
剥がした皮一枚の価値さえ知らないで行商人の言葉を鵜呑みにして幸せなんでしょうか 不完全な倫理観を持って匿名で呟いた裏側(うらっかわ)をよく知ってるフリして想像膨らんだ ほら元通り君の言う通り 皆(みんな)が皆知ってるんだ疾(と)うに飾られた幼稚な不祥事 涙無くして語れない様に 君の汚い腹ん中をひっくり返してあげましょう多少は大目に見てくれるだろう何もなかった様に叫ぶハロー苛立つ声が耳に響いて未だに何もか
明らさまに嫌そうな顔をしないようにする君の目を見るそうか、僕が傷付かないように優しい嘘をついているのかいつもそうだ 否定の声は肯定なんかより大きくてなんだ、ただそれだけの事だって気付いたり、忘れたり、とぼけたりしている 僕らはどうせ相容れない生き物そんな常套句を並べ立てては愛想笑いしている ありふれた言葉で隠した本当の意味を口にすれば事実になるって誰が言ったくだらない話で濁した僕らの未来も音を立てずに
そっと息を吸い込んだ意味もなく誰もいない部屋をウロウロしてはただ君が居た跡を探していたもっと話したい事が色々あるんだまたヘアピンがひとつベッドの隅に落ちていた 消えない記憶を数えて眠るよ 流れない涙の理由を教えてもうあんなに溢れていたのに枯れて尽き果てたまだ明けない夜などもう終わりにしようその時まで ちょうど目が覚めた朝に開いたスマホに映った笑い顔ふたつなぜだかずっと見つめていた 消えない記憶を片隅にしま
医者の薬はよく効くんだと信じるものを救うと聞いた悩みを抱える胸の痛みとエゴに付き合ってくれた君よ矛盾を知らない憐れなままで例えばこのまま気づかないフリした手を握ってくれるのなら小さな夢だとしても掴めばいいさ 一欠片の勇気もない僕を枯れ萎びてゆくこんな僕を当たり前のように笑う君を逃げる事もなく笑う君を何も知らずに嘆いていたんだ 傷口を見せびらかしてた可哀想だと言ってもらいたくて癒えない僕の病を抱え込んだ
虚しく照らした都会の灯りが僕じゃない誰かの痛みを想った 冷たく透った汚い空気と期待を隠した見慣れた景色と悪戯に濁って反射する僕の顔を写し出す交差点の窓 誰にも解らない小さな世界が瞼の裏にも焼きついてて適当な理由で逃げない様にどうすれば飾らず生きていけるのだろう 一人で迷った街の人を見た見栄を張っている自分と同じだ ふと空を見上げた 月が浮かんでた昔見たものと変わらないなまた僕が未来を憂いそうな時は何度でも
未完成な生を受けて神罰を待っている憐れな自我を捨てて赤く染まる代償を 醜く荒れた週末を此処から丸ごと消してしまおう 仰いだ此の世が神の力で全てが今救われるのなら代役に成ってみせようか正義の鉄槌を今此処に下そう 風通しの悪い場所漆黒のエゴティスト許されぬ罪と知れ黒く染まる代償を 運命に従う刃を貴方に内緒で見せてあげよう 壊して築いた新しい世界など嘘に塗り潰されてもそれでも焦がれた名の下正義の鉄槌を振りかざす 仰
When the night is dead I hung up the phoneありがとうも言えずにA dream was shut up
白く浮かんだ私と三日月を一つ残さず飲み干すのでしょう 小さく揺らいだ髪だけ知っていた時間は止まってくれないのでしょう ここで独り劣等感と君が笑う顔を 引き裂いてしまおう失ったとしてもそんな言葉は聞きたくないの消えゆく体温と過ちも沈めてしまうの ゆっくり頷く片足のサンダルをどこかに失くして迷ってるのでしょう ここで独り劣等感と君が笑う顔の向こう君も独りユラユラ光る軋む 景色 変わる 引き裂いてしまおう失ったとし
もうこんな事終わりにしようと君が笑うその目の中 失くしたのは 明日への光ただ揺れている どこにも道標などなく自分一人で生きてこれたなんて思っていない 何一つ続かない小さな永遠など何一つ信じないままでどれだけ歩けばいいんだろう 今消えてゆく かけがえのない時間の中で僕はまた捨てている 大事な物とは知らずに過ぎてゆく あの日々さえ離せないで僕はただ生きている 大事な事とは知らずに ただ泣いている 誰かの目を
ここから先に進む為に大事な人が邪魔になったとして僕はきっと歩みを止めるだろう臆病と嗤うならそれもいいさ 悲しい詩ばかり綴る僕は少しずつ増えていく本当にかけがえの無いものに気付けない小さな人間だけど 君じゃない誰かを傷つけてもただ一人の涙を見なくて済むのならただほんの少し後ろめたく感じたりするけれど曖昧で不確かなものでもない目の前のちゃんと形として存在するものこれ以上でも以下でもないんだ ひとつひとつ育て