柔らかい日差しの元 笑顔弾ける人々いよいよ学園祭煌びやかに飾られて 恥ずかし気な校舎すら泡沫 夢のようだなぜか集まる視線 あれあれ もしかしてやっぱり見慣れた顔 いつもの仲間達だ人目気にしないで争うのやめて…みんなでさあ 楽しもうよほら 年に一度のお祭りを独りきりなんて寂しいこと言わずにねえ?非日常的な雰囲気をらしくない先生の顔を指差して笑っても怒られないぜ食べ歩きのフードファイト レトロゲーの大
大事なことを忘れて 誰も知らない所でもがいていつの間にか僕たちは大人になっていくのかな?頬撫でるそれと過ちの果てにキミが言う おとぎ話ただあの頃のように笑っていたいだけそんな夢も夢で終わり なんて喜劇でしょうか終末を書き直してよ こんなのうんざりだやられたらやり返せ 何度も繰り返してもif you can dream it, you can do it.ちっぽけな奇跡を起こせ独りボッチがモドした 
閉じることのない幕 窓外は曇り空初夏 時の針は進む カタストロフいつしかマガイモノと 禁忌のおとぎ話故 其の言伝(ことづて)など色褪せて人は軈(やが)て 蜜の味を求め再び あの席に座った忘れ去られた 暗号一つ不器用な誰かさんの為に澄まし言葉とかじゃないけれど口に出すとか野暮ったいことするもんじゃないとかなんとかさ顔を崩し笑うキミのこと『最高に嫌いでした。』初夏噂が瞬く 「どこかに隠れちゃって」ある
物語(おはなし)はいつか最期が訪れ お別れをするんだ素敵なハッピーエンドで飾っても お別れをするんだボクの想い考えず 自分勝手みんな独りにしないで こんなの酷いよただただ 楽しかっただけなのにこれでもう終わるの?ずっとずっと続き信じて待っていたのにそんなの嫌だよ結末はいつの間にか誰かの為に何度夢見たでしょう何かに縋り縋り息をついて また誰かになれない自分に愛想尽かした大好きなモノはいつも壊れて お
放課後バトル毎日勃発真剣勝負熱い気持ち衝突人一倍負けず嫌いのレディ男の子になんて負けないある日気づくと知らない男子みんなと一緒に 印象的な笑顔で笑い少し照れたファイティングガール 引けを取るな真っ直ぐに立ち向かうだけ キミのこと笑うヤツは笑わせておけ関係ない華麗に差を付けようぜファイティングガール 無い胸張れ潤んだ目は似合わない 正々堂々戦うぞやっぱ気になる笑顔が素敵ボーイ真剣勝負水を刺されて CoolDown
ホウキ握り 独り立ち尽くす 放課後はテスト前虐げ嗤う視線と夕暮れ 焼き付いた午後六時善意なんて押し付けがましい体裁と為体で腐る思考 苛むいつもと変わらない何とやら何も言わず 誰も知らずただ忘れた 全部笑い方も しゃべり方ももういらない真っ眩々んだ 夜明けの夕立ほらほら過呼吸状態知らぬ存ぜぬ 少女は俯いた退っ引きならない明日はそれでも冗談みたいに訪れる雨上がりまでとまた本を読み耽る誰も居ない 黙(だ
何気の無いその言葉が 撃鉄起こしたきっかけとなるそんな日常のお話 茶菓子代わりに↓どうぞ↓と遡ること十数分 ご機嫌斜めのお姫様が気まぐれに噛み付いたもう一人の姫様に「ピコピコさっきから喧しい」「時間無駄にして楽しいか?」突沸の大惨事へと今北用↑ここまであらすじ↑文明力の白昼夢 講釈垂れのエゴイズムあれよあれよと過ぎて行く 硬直状態の消耗戦押さず引かず息を飲み 怒り心頭ジュリエットすり減っていく沈黙
「これは内緒の話」古典的口 伝播処方井戸端の囀りも あれよあれよと何処ヶ発 → 誰ヵ行蔓延る 浮き名 怪談話得手勝手 美学論 拉けて折れてのハリボテ裏付け どなたの意のままにあねのね 秘密屋さん教えてよあれとあれとそれとそれ他愛の無い 諧謔じゃ茶菓子にもならんけれど零れ落ちた戯れ言の描く 餅と冒涜者何処で? 誰が? 何を? 何時か?なんでなんで? どうしてそんなこと?いつの間にか偶然は全部そいつの
いつも何かにおびえてた 意気地なしのボクいつかは変わりたいずっと思ってただけどいざと言う時でも体が動かずぽつりと零れた涙どうすれば変われるんだろう 頭がグルグルもういい加減にしてよ 自分まずは出来ることからしよ 毎日挨拶振り絞った声埋もれまた溜息をついていた夜にキミが現れてさどうしようもないこんなボクと話してくれたスキップですすもう 夜中二時ふたりだけのヒソヒソお散歩そんな時ばかりが弾む声が少し恥
真夜中2時泣いている 女性がいるらしい肖像画在り来たりな噂はいつも変わらずに嘘だか本当だかなんで泣いているのか知りもしないがそんな辛いなら悩みの一つくらい言えば良いのに(いやいいのに)ねえ? 教えて教えて貴方のその涙は何の為に流しているのもう どれだけ経ったの?いつから泣いているの?誰も聴いちゃくれないのかな午前二時 テレーゼの憂鬱また聞こえたぽつりと 待っているらしい独りきりで在り来たりなおまじ
何(なん)かおかしいんだ 見えない何(なん)かが音無く潜んで 不安を燻(くゆ)らせて視線がするんだ 見えない誰かの重なり合う可能性 蜘蛛のそれのように拠(よ)って 反って 疑(うたぐ)って 去って糸引いてたって 意図はもう引かないんだ「あいつはこうで」「そいつのせいで」繰り返す想いの末ただ独り なぜ一人 紡ぐこともできず綺麗事だけ 並べて閉じて明日には 何も無いと願ってた 夢見てた夢の中 また ま
一つ捲って 読み切って小さな世界がまた終わった仮物じゃ足りなくて食傷気味の意気地なしは癖になった道を抜けてあの場所へと小さな世界の集合点 ちっぽけな拠り所朦朧スチャラカで行こう 一歩一歩半径30.48cm(イチフィート)テロリズム後悔 世界性理論偉そうに御託クタクタ並べ中のくだらない正体 棘(えばら)調綿鍋引っさげて 修羅種々主どうでもいいかい? そらそうだ免罪符 疲れたんだ左腕が少し気取ってスカ
寝ぼけた目を擦り もうすぐ夏が来るねとキミは嬉しそうに顔を崩し笑ってたっけなこんなに毎日が愛しくてしょうがないのはなんでだろう知らないよね ポケットにしまったこの気持ちをもし朝が来なくても もしもこのセカイが終わってもそれが本当なら ねえ 僕は笑うよ雨が街を染めて 夕日が長くなったらキミはまた笑うかな なぜかそんなこと思ってたどうしてもあの頃が愛しくてしょうがないのは宝物知らないよね ポケットに忘
始まりのページは何色?あの日見た僕らの夕日は何色?色褪せてゆく 思い出はもう途暈けたモノクロ取り戻そうか さあ 『平凡』をこれも思い出に 今すぐ この手で鳴り響くベルが告げる放課後当たり前の生活がちょっと幸せで「今日はどんな話をしようか?」なんてさくだらないねなんとなく4つ集まった偶然 退屈凌ぎにさ不透明 始めたこのゲーム隔たる代償指を前に突き出してさあ 全知全能答えをくれる夢おとぎ話始まりのペー
独りぼっちの猫がモドした暗い怨嗟と終焉(おわり)の呪縛人は尋ねた 何をしたいか過る刹那の始まり俄雨(にわかあめ)揺らす心(しん)と静寂音も無く弥立(よだ)つ 風景描写講釈垂れのワンマンショーだ欠落ばかり 集めて頬撫でる刃行き先も分からず功告げる鳥が一羽 生を捨てたら繰り返す 振り返る過ちの果て走る シェード 欠けた三日月と暗転光蹴散らした誰かは言う 終わりとは始まりの癖告げる 針 隔つ日常と反転神
いつも通り 賑わうテレビに君の名前が 流れていたんだ退屈そうに 笑う君の顔なんでなんだろ 思い出していた名前の無い 手紙をもらった鍵がついた 僕への言の葉誰からだろ 1と1の君「私は今あの場所にいるの」グルグルと回る思考に手紙が届いた嗚呼 君は何を待っているんだろほら 僕宛の置き手紙あっちこっち笑ってるねえ 誰なの 誰なの答えてよそれはハリボテの物語?きっときっと紛い物今、どこにいるのなにしてるの
物語の始まり 開ける幕主役 ギミックピエロの喜劇の笑い雨濁った泥水に 映った君の顔平凡な日常 うんざりだった艶聞(えんぶん)好物で 推測吐き散らし夢か現(うつつ)かにさ 大衆心理引いた罰の栞から 溢れ出すオモチャそっと広げて 1713見つけ出したおとぎ話 熟れた果実のように甘い蜜 群がり 狂う 感情征服雨上がり 何でもない 笑う陰がほら揺れる本を開けた無邪気な憧憬(どうけい)退屈しのぎにさ 始める
悲劇は夏の前侵された禁忌にボクはなす術も無く 堕ちました目を覚ました孤独から退けた光点はボクには眩しすぎて「なんだかなぁ」乗車券握りしめたあの日の僕にそう告げた1203孤独を隠した遊戯(あそび)一度きりのこのゲーム甘い蜜 狂わせ 濁すボクへの着信明日もまた訪れてあいつが横にいるんだとか思ったんだ悲劇は夏の前侵された禁忌に俺はなす術も無く 堕ちました目を離した孤独から離れてくなんてことオレの頭を過り
ある日聴いたそんな噂誰かの姿見?「今日はニセモノが出ます^q^」伝える 天気予報昨日見たよ あの場所にあなたのニセモノどうせ クソみたいな話聞こえない振りしてどこか 違和感のある世界に移されたようです隠レンボ 影法師 書キ残シ 神隠シ全部 全部 全部 全部絵空事だろ?ドッペルゲンガー 写死鏡(うつしかがみ)「夢みたいだね?笑」 子供の嘘馬鹿にしてさ あざ笑ってさ穢してゆく おとぎ話巡り巡る 一人の
「あなたの願い事5つだけ叶えてあげましょう。」これはどこかで広がった おとぎ話の「猿の手」「欲があるなら叶えましょう。あなたが願うこと全部」欲が無いのは嘘になる そう言って正鵠(せいこく)は落ち掛けたおしるし程度 あこがれ叶えちゃおう囁いた その時にほらピエロがそっと微笑んだ猿マネモンキー 得意げに御託を並べては渇き 望みを潤して 願ったままだとニヤけた「あの子と同じ」を求めて サイコロは転がった
あぁ 嫌になるな 風の噂また ゴシップねえ 私のせい? なんでなんだろ自問自答『在り来たりじゃないと』「駄目なの目立つの」『当たり障りないと』「普通でいられるの」偽物の私がなんて呟き出した偽る心は誰の仮面かな?いつも通りの帰り道からいないはずの私がいてさ降り注ぐ視線がこっち来ちゃって見ちゃって顔合わせたニセモノは心の中にある誰もが持ってる魅せる顔 見えぬ顔 嫌な顔晒しワタシじゃないと嘆いた猿マネは
桜吹雪の 新生活友達何人できるかな?突如出て来た 走る模型「いやいや、ないでしょう 今8時!!」とんでもないデビュー査定1のレビュー「もう帰りたい」と零したら全力で動き出す 暴挙 二宮像軽やかに走り抜け緊張も「こんにちわorz」突き進め 想い乗せどこまでも 『僕らs School Life!!』退屈な生活も彼方へ飛んでゆく皆勤と意気込んだあの日を貫くぞ校長がどう見てもモーツアルトでも さあ…息を
唐突に 空を眺め蘇る あの日々ガキの頃 夢にみてた無敵 ダークヒーロー立ち塞ぐ敵は愚か味方すらなぎ倒す秘密主義 数多の謎「それが僕のニヒルさ」へたくそな嘘も不器用なナリも「全部」「全部」「全部」「全部」さ正義の為だろう愛を叫べ!なぁ ヒーロー!僕らが望む世界へ悪の化身滅ぼして平和な未来へと拳翳せ!ほら 君が!ここから君の番だろ秘めた想い握りしめクールに決めてやれ嗚呼 憧れだイケ!イケ!凡人!唐突に
出会いは 空っぽ 理由もきっとないけど一緒に笑った当たり前だと思ってた夢中で遊んだ ただただ楽しかったよ誰もの「普通」で それはありふれた友達悪戯して怒られただけど おかしくて笑う退屈それは幸せだって気づけなかったよ流れる星に願う 『日常』退屈だって愛しく思える不実の代償 刻み泣こう信じなかった 馬鹿らしい自分に流れる星に願う 『平凡』笑い合ってた大切な想い出信じる気持ち込めて 『またね』そう言い
産声響いた 微かに明日の空からほら 君にも聞こえる 願いが?「ありきたり」「平凡」「馬鹿みたい」 なんて貶してさまだ 幼い君には早すぎるかもねさあ、祭典(おまつり)行事 セルフタイム見放した終焉船(おわりぶね)僕らの話Cry 届いて貴方へTonight 迷いの道さえBright 明るく照らして掴んでくれFly 明日を目指して辛い 独りの向こうへ平凡ヒーロー 『少し素敵ね』孤独を隠して偽物 晒して許