君がいた場所を見よう、見よう。黄色い電車、降りたら。君が見た事を知ろう、知ろう。揺られながら。 ゆらゆらまばたく、満天の星座がグライドする世界…。その次の瞬間、 モノアイ、流れ星、みんな。モノアイ、流れ星、みんな。モノアイ、流れ星、みんな。モノアイ、流れ星、見たんだ…。 君がいた場所を見よう。見よう。夜の商店街、眺め。君の詩の意味を知ろう、知ろう。歌いながら。 暗ぐら照らす、ネオンの向こう、君の後ろ姿のよ
心の距離をあらかじめ持って、涙の波を、いつかは越えてゆく。さぁ、だから、笑顔でいつも乗り切ってゆく。さぁ、だから、ここらで「はじまり」だ。 あの頃のオレに問いかける、「まぁ、聞きなよ。」って、背中、押す声だけ。 この世界は君をただ、ダメにしてるって、ただ、それだけかなぁ。…なぁ? 心の距離をあらかじめ持って、音が無い日々を僕らは変えてゆく。さぁ、だから、笑顔でいつも乗り切ってゆく。さぁ、だから、ここらで
この想いを…。 (ミス・ピーチ・プリーズ!)ん~、ベイビー!届けていたいの。常に、常に、常に。ん~、ベイビー!見つめられたいの、君に、君に。君に、卒業DANCE。 笑いたければ笑え。あの娘にだけ踊れ。チャンスはもう、今日だけ。「やらない」とか、ないんで。 (ミス・ピーチ・プリーズ!)ん~、ベイビー!届けていたいの。常に、常に、常に。ん~、ベイビー!見つめられたいの、君に、君に。君に、卒業DANCE。 笑い
そりゃそうだ、はしる。そりゃそうだ、はしる。「よっこらしょ。」か?いらねぇな。そう…我を行くからね。 ねぇね、はしゃいでたって、もう、しょうがないからね。出過ぎず、生き過ぎるのは興味ないからね。ねぇね、恥かいたって、これ、しょうがないからね。見過ぎず、見え過ぎるあなただけ。 ねぇ、はしる? ねぇ、はしるぞここを。そうだ、わけねぇさ。ゴールで会える。 そりゃそうだ、はしる。そりゃそうだ、はしる。「よっこらし
ねぇ、二人。ねぇ、二人にして。語ろうとしてんじゃない。 ねぇ、二人。ねぇ、二人にして。話そうとしてんだ。 もしこのまま、大人になって、もし、このままいて、愛し合うなら。このまま、言葉が鳴って。もし、このままいて…。このまま、いて。 ねぇ、二人。ねぇ、二人にして。茶化しはしないって…ただ、いつか、ただ、いつか飲み合って、今日をさ、笑って唄うか。 もしこのまま、大人になって、もし、このままいて、愛し合うなら。
君がみ胸に 抱かれて聞くは夢の船唄 鳥の歌水の蘇州の 花ちる春を惜しむか 柳がすすり泣く 花をうかべて 流れる水の明日のゆくえは 知らねどもこよい映した ふたりの姿消えてくれるな いつまでも 髪に飾ろか 接吻(くちづけ)しよか君が手折りし 桃の花涙ぐむよな おぼろの月に鐘が鳴ります 寒山寺 注意:歌詞はオリジナルと異なっています。
ウチらが知んない、そちらのサインで、ね、オレらの心臓のスペックを探ろうが。 そちらが知んない、ウチらのサインで、ね、オレらの心臓のステップを踏んだろうか。 なぁ、未来。舞い跳ぶ神話、不動にすんな。さぁ、未来。ねぇ、作られていたレールを撤去しな。未来。君を僕ら「今日」と呼んだ。さぁ、未来。ねぇ、作られていたウソを撤去して。 ウチらが知んない、そちらのコインで、ね。オレらの心臓の音を止めようが。 なぁ、未来。
僕らは風だよ。僕らは見えるよ。全てを放つよ。全ては繋がるよ。 あなたは波だよ。そう、あなたは自然なしぐさで、流すよ涙を。おう、僕らが伝えるよ。 次第にまわる、まわる。わかるだろ?願いは、まわる、まわる、まわる音。朝日はまわる、まわる。クラッとすんだろ?絆は、まわる、まわる、まわる音。 誰もが人だよ。そう、誰もが自然の一部で。全ては変わるよ、もう。それでも人だよ。 次第にまわる、まわる。わかるだろ?願いは、
東京を手にし、状況に流れないように。全時代を手にし、ねぇ、夢に忘れらんないように。 なーんもない。まぁ、過渡期とはいえ、なーんもない。 わがままに、わがままに、わがまま懲りず、いろんなフレーズに会いたい。さよなら、バイバイ、夕日。あの街に、あの路地に、僕らが絶えず、唄ったステージはもう無い。できるか? バイバイ。行くのだ、バイバイ。あの荒野に…。 東京を背にし、長距離、離れていくように。単線にチェンジして
故にラストまでのビジョンは、不敗の理想か?行く場所なきクエスチョンは、私情の反抗か? ノー。ただ、あまのじゃくなだけっス。ノー。ただ、あまのじゃくなだけっス。 そのくらいじゃ、プライドじゃないよ。そのくらいじゃ、微妙、微妙だ。言うなれば、それは絶望だ。負けなきゃね、弱さもわかんねぇ。 故にラストまでのリージョンは、調和の芝居か?自分本位はそのままで?まだ、そのままで? ノー。ただ、あまのじゃくなだけっス。