Stund up 繰り返しの挫折味わってこその Step upStund up my way 生きる意味にこだわり持つ度Stund up 胸に抱く 溢れ出す夢咲かすNever time up リミットは決めつけるな今は終われない 辛い意味探そうとしても結局見つからないものでも苦しいのは頑張ってる証拠諦めても繰り返す小さな世界で何を悩んでも考え疲れたら自然に顔は上がるから 型にはまり動けなくなる こだわる一つを見失うでも
何て言えばいい?何て言えば二人に最高の言葉を贈り届けれるかそれだけを想いリメンバー 共に過ごした時をプレイバック「おめでとう幸せに」きっと言えるのはそれぐらいだけど言葉以上に一杯 贈りたいお祝い それは一生共に過ごす約束? 「永遠」みたいなタイトル?涙で飾る感動? 幸せだけ灯すキャンドル?全てを受け入れる なんて苦しい言葉じゃなくていいあなただから許せる そんな優しい気持ちでいてほしい 傷つけた過去が 
しょうがないならしょうがないか 思うまま泣いたっていんだどうしようもなくていいさ そんな今日はなんとなく生きてみたっていいさ いつか後悔しなけりゃいいや本当の結果なんて もっと先にあるものだから 「ふざけんじゃねぇ」なんて言って 怒りにまかせてイラ立ってすり減らした心は長く持たず ダメになった道の途中わかってたよ 本当は怒りでふがいなさを隠してた もう 嫌 嫌 嫌になるまで泣けばいい いつかかれるまで今は嫌
迷ってんだずっとアホみたいにさ 空は曇りなのに天を仰いだってさ届かぬ雲 今じゃ浴びぬ太陽 そんな時思う 他人の空ほど青く願うだけじゃ晴れそうになく 止めどなく吹く誘惑に耳をふさぐ奪うものならいっそ宙に舞う 誰も従う事なくオレはこの空高く ずっと歌ってたいミュージック いつもやらせて自由にIt’s all 響かせるDreaming 遠くまでシャララ 例え笑われても シャララ 信じて走り出せ目
Ride on!! 風に乗ってさぁ行こう 夜間飛行は最高なフライト暗いと このフライデーナイト 輝いて見えるシティーサイドRide on!! 風に乗ってさぁ行こう 夜間飛行は最高なフライト暗いと このフライデーナイト 輝いて見えるシティーサイド S.B.D.B ゼロソウル発キミ便 届かす 届かすSWAT LIFE飛び立つ Ready?Here we…Go! 蹴り上げた滑走路 ターミナルes Pサイ
生きてるか? みんな オレはここだ 相変わらずだ 今もなんとか薄いものを感じてまた 深い絆を確かめて今があるどれだけ意地張ったって 情けない自分にまた腹を立てるそれでもまぁ頑張っていける だって お前がいる それだけ あてはなく過ごしてた月日 それは果てしなく純粋に宝と呼べるつながりに変化していったんだと気付き傷付けあった意味のある痛み それは深まる絆への移り変わりつまりお前達とじゃなきゃ今のオレは
泣いた ただただ溢れる涙 嬉しくてこんなに泣けたもう無理な強がりはしない ここでなら自分でいられる 君に言いたい事がある いつも近くにいるけどHome home home… なんだか言いにくい事君に言いたい事がある いつも離れたときこそHome home home… 君を想ってるよ 傷付いた時だって いつも笑ってくれてそんな風に共に過ごせば気付けばそばにいて 安心していられるそんな君へ
何が見える? 出ては消え また出ては消える一度も出れずに消える小さな夢でも 行く末は果てなきエンドロールそう 終わりはない ノンフィクションでto the close your eyesno need no visionと知り 恐怖に怯え映したクライムシーン 信じぬ方が 傷つかぬような気がしてるのは それが他人だから?この孤独は 信じれない後悔?どうせ痛みなんて解らん誰も そうやって生きてんなら my fault it
we dig it up! 今は21世紀 何でもアリ dig it up 今は21世紀we dig it up! 今は21世紀 時代のせい dig it up 今は21世紀feel 気にしリスニング 君に dig itじきにフリーに日々響く if we
返す恩 これじゃ未だビハインド一切もう 脱ぎ捨てるプライド期待を裏切れない 小さくとも返すよ ちゃんと親や仲間に 俺は田舎者の雑草 憧れた花の大東京挫けながらも はいつくばったアスファルト酒に頼り場違いの嘔吐 目覚めの後悔のロード落ちてく妄想 リアル見失って 逃げる様手伸ばす生命線自己訂正といき込む姿勢 自制きかずくり返すミステイク生きてく為にと使ってはPayして 借り作っては頭下げる受ける情けに増
電車のように決められたルール 進まなくていい今のお前見てると 目一杯 空気吸った風船の様自分の意思と根付かせた自信で安らぎのスペース見出すゆっくりと息吐いて 持たせてあげな心のゆとり I like it feeling that’s importance of you見失ったって 戻ればいいんだ原点までI like it feeling that’s importance of
辿りついた海岸 足を休めしばしの Off timeI like see なんてはしゃぎ 抜いた肩に 過ぎる時なんて早い陽の傾き青から黄からオレンジ 赤に染まり闇に変わり熱が下がり冷える大地 風は語り落ちる帳 忙しさが余熱を残して さらう風に言葉失い 刻み続く海鳴り溺れる事にも気付けなくて 飲まれてる波の中 息継ぎに必死だった このままで 手つないで 沈むなんて 切なくてただ眺め 陽を見送るその中で時間も忘れ
例えば誰かがすげー悩んでて 誰かが腹抱えて笑ってる例えば誰かがここで泣いてて 誰かがどっかでバカ見てるそんな自分勝手に見える世界が人を孤独へとせかすみたいだ下らねぇんだいつだって ただそばにいる奴が救いなんだ切っても切れねぇ親や仲間 気付けばほらすぐ隣には、、、そりゃ煙たくもあれば口うるさく でも必要とあらば手差し伸ばす答えなんてない世の中で オレにとってこれは正しい答え支えてくれる人の教え だか
言いづらい時があっても いつかちゃんと言えるようなありがとうの気持ちを ずっと忘れぬように 一人旅路を急ぐ 過去を振り切るよう足取り重く残ったもんは疑問と記憶 今日も引きずっては昨日見下ろすあの時 探してた言葉を 見からずに吐き捨てたコノヤロー許し許してくれた事はもう 少しは解ってきたって事かも 暗い気持ち閉ざし苦しんで クライミング 壁乗り越えられなくてスライド 逃げ道なくたって Don’
We Still Dreaming 追って当然 夢見る事で息してる All DayKeep Breaking 遠くへ あの日の少年の様な情熱Still Dreaming いいんだ信じ 夢八分 叶うは自分で夢追い人よ行こうぜ 二割のリアルを生き抜け Soul Mate I Still Dreaming 好き過ぎるミュージックに気に入り Feeling Inヘヴィにリピートし聞き入る Beat’s真実をリリッ
「元気だよ」の声に少し 自信なさそうな電話越し小さく生きてる息子にあなたは優しい言葉返すのに情けない所バレぬように 未だ強がりな子供の様に悪いと思いながら言葉選び 心配かけぬように 反対してた東京 いつも「うるせえ」と言い払った事も諦められた時も 解ってなかったのはオレの方家を飛び出して 一人じゃ何にもできなくてそれでも進むしかねぇ辛い日々に寂しいと気付くその中で 手紙がつづる何気ない内容にも優しさが
「あんな大人」そう嫌がった奴も食う為と今じゃ「あんな大人」うまくいかぬ雨降りに今でも言い訳を織り交ぜ言い逃れをめぐりこんなものと思う現実 熱く夢語る理想なら火がつき沸騰して消えるくせに 冷たくても消えぬ現実 今日も雨降る街を眺めて探してる気がする 自分を正そうとして今日も流れるニュースに目を瞑って逃げてる気がする 誰かのせいにして What can i sayこの無力なノートの上 流れ続けるニュースを見て何
スタート切ったらゴール イコールevery bodyアンコールのスコールどこまでも行こう 理想よりも向こうにある希望の蜃気楼StopしてないでStep up 踏み出しゃまだまだ行けるから足りない今を現状打破 音楽革命の先頭打者 夜明け前 鳴り出した爆音のビートに飛び乗れRide on「Big game」「CRUISIN」に乗れりゃ「AMAZIN!!」培ったマイレージためてDrop on the this stree
出会いは次第に人を囲み 芽生えた優しさで仲間を守るでも月日は足早に過ぎ 流されそうになるけど 飾った爽やかな自分の裏に 潜んだ窮屈なオレがイラ立ち売っちまいそうな魂が焦る まだセーフ でも不安な雁字搦め山場越えれば、、、と甘い答えはねじ伏せられたんだ東京の空の下じゃでも言える 人の支えに生かされてる それが人生の要 傷付き 傷つける事を繰り返し わずかな成長を積み上げ出た日の目なのに取り除かれる事ない
It’s time. Go up road やると決めたらどう不格好だろうと目指せその方角を 自分が最後に笑うんだろ?不安に耐えるAll night long があるから照らすその太陽踏む失敗もコースガイド それだけの事とWalk along “ドンワナ ミステイク エニモア”そんなプレッシャー背に問い現実的に重い 周りに感じる責任も一回フラットに そんなプライドに息詰まらせたら道は遠いマイレース マ
その涙が乾いたなら どうか明日はグッとこらえて光指すから 生きていたら 誰の下でも空が変わるように 信じるものが間違いなんて 誰も思いたくないただ それでは意地の張り合い 打ち返し合う我のラリータイム認めなくていい 正さなくていい それを少しだけ許せばいい事自分の弱さを知れば知るほど 人のありがたみ感じとれるもの 力み過ぎてた毎日に今となって沁みる 必死に突き通したプライドの中で嘘をつく事で見えてきだ
THIS WAY 生きていくだけ どの道選んでも辛いだろ根拠のない大丈夫でも少しは楽に前へいけるいずれ別れの門出 笑って死ねるなら幸せお互い長いライフ歌いながら そう暗くはない人生だから ここは何合目? 今何分の一? 押しつけられてきた単純な道登るも下るも辛いこと思うも忘るも同じだろ家を巣立ってから何年が過ぎて 今もお宝探し当てる Every Day自由求め確かにオレは生きてる 少しずつこの足で歩いてる キ
いつもくれた「がんばれ」が今になって歩き出させてくれる 桜舞う季節 CherryTree 散るほど想いは深いと気付く迷いは自分の嘘 悩んだ果て答えは心の中CherryTree 今こそ想い散る前に伝えようほんとありがとう がんばるよ だからがんばれよ 大丈夫って作った笑顔 苦しい時に隠す傷跡本当は一体誰の為?と かられた不安にさえも戸惑い自分を疑い 恥を感じたり 嫌だけど人の目も心配それは人を想う故の理
いつも遠いゴールの方目指し路頭迷うときもDon’t stop music for move. Let’s go!もっと上まで手上げろ 言えよせーのでHO!!もっとこみ上がるその想いを HOOO!!やるならやるで食い縛れ 食い縛っただけ未来は晴れる MAX BET で注ぎ込む現在 払い出しいくらかわからない将来想い明確に刻む変幻自在 俺次第で築く時代人のせいなんてくだらない発想 NO 見て見ぬふり心
音楽しか能のねぇオレ。愛とか縁のねぇ事と思ってつないでた手と手。だって、夢なんてエンドレス。本気で目指すオレにとってブレーキ&ブレイク。ありきたりに言わせてもらえば「好き」だって、本当の意味なんか解らずに「愛」なんて言えねぇよ。だけど、共に過ごす幸せを思う。 特別な時を過ごすわけじゃないが、ドープレスじゃ語れない二人の場合。擦れる感情で本気の SEX。どうしても譲れないオレの夢。それでもまだつながって
あなたは あなたが思う程 器用に生きれる訳じゃないでもあなたは あなたが思う程 弱くはないからね大丈夫 転んだって 大丈夫 泣いたって オレ達は疲れを感じなきゃ 走ってた事さえ気付けないんだオレ達は涙を流さなきゃ 悲しい事すら気付けないんだでも オレ達は疲れを感じなきゃ 安らぎすら感じれないまま「休め」って事だろう 大丈夫 ずっと走ってたんだろう? 他人任せじゃ 思う様にいかぬ物事に相手を恨んでは 奥