NEMAWASHI~地味に届け~ – 鼻毛の森

つまらない ものですが
ここはひとつ お納めくださいな
お返しは そのうちに またお願いします

君に重ねたこの貸しは 僕の宝物だよ
立場のある君を いつかうまく使えるように

できるだけ できるだけ 楽に花開くように
少しずつ 少しずつ 裏も抑えていこう
地味に届け 君へのNEMAWSHI

あの人で いいですか
なら僕は いかがなものですか
どちらでも いいのなら 是非お願いします

大きな傘に入れたら どんな雨もしのげる
汚れないためには 誰かを押しのけてもいいかな

一歩でも 一歩でも 上に近づくために
一人でも 一人でも 横は潰していこう
生きる術さ オトナのYOWATARI

いつの間に いつの間に 隙を突かれたのかな
知らぬ間に 知らぬ間に 先を越されたみたいさ
抜け駆けだね 誰だよ NETAMASHII

もう二度と もう二度と 取りこぼさないように
はじめから はじめから 裏で動いていこう
いつか届け 僕のNEMAWSHI