山彦峠 – 黒川真一朗

故郷(こきょう)の風に 吹かれたくって
夕陽の中を 遠まわり 遠まわり
木霊(こだま)もうれしい
山彦峠は オーイ 九十九折(つづらお)り
段々畑で 迎える母の
影が気になる やつれ肩

手おんぶされて この坂越えた
幼い頃の 村まつり 村まつり
思い出映(うつ)すか
山彦峠の オーイ 鏡月(かがみづき)
手料理自慢で 精出す母の
味に今夜は 舌つづみ

女手ひとつ 苦労の中を
育てて呉れた 人並に 人並に
木霊(こだま)もうれしい
山彦峠の オーイ 笠地蔵(かさじぞう)
弱音も吐(は)かずに 働く母の
達者(まめ)を祈って ひと拝み

コメントを残す