magnet gum – 黒子首

噛み砕かれ味がなくなる
飲み込まれて形なくなる
吐き出されるよりはマシだと君は
どこか無理のある声で小さく笑う

しらけた街浮かない顔をしてる baby
何もかも置いてゆこう今夜だけは

真夜中のボートに乗り込み 星映す海へ繰り出そう
ありふれたものは似合わない特別な物語

時が経っても慣れやしない騒音
耳が聞いても心が聴かない

大切なものから順に失ってく everyday
取り戻しにゆこう簡単なはずさ

人ごみにのまれて黒ずんだガムのような心は
孤独なんかじゃない引き合わせのマグネット

真夜中のボートに乗り込み 星映す海へ繰り出そう
ありふれたものは似合わない特別な物語

人生の冒頭に戻り 舵もう一度握りなおそう
右も左も任せるよ 正しいと思う方へ 
君が笑う日まで