静かな唄 – 黒子首

いつまでも未完の物語を誰にも見せずにいるんだ
無理をして笑って何が悪いんだい戦い方を覚えただけだろう
綺麗な服を着て今死刑台の上

薄い唇震わして静かに泣いていた
調和の取れない日々よ
それでもなお美しい夕日を

夜の残り屑を
拾い集めるところから始まる朝
真心の在処は
自分さえ分かっていればいいと思っていたはずなのに
体だけは正直にものを言うよ

見えない傷増やして助けを求めてた
最後の鐘を悲しみの分だけ打ちつけながら

薄い唇震わして静かに泣いていた
調和の取れない日々よ
それでもなおあの日の夕日を