星の終わり – 麻言

優しい人になりたいと思う
誰に対しても優しくできる人になりたいと思う
そんなことができる人はきっと心が穏やかで温かい人だと思う

ああどうしてどうして私はそうなれないのだろう
嫌い 嫌い 嫌い 嫌い

何もかも何もかもがむかつく
世界が無くなってしまえばいいのにと私は願う

私は優しいフリをする 誰に対しても優しいフリをする
心が憎悪で満ちているのに
嘘だらけの私

ああこのうすい皮を剥ぎたい
醜い私をいつか誰かが罰するだろう
偽者の私をいつか誰かがあざ笑うだろう
私の涙が尽き果てて
私の躯が燃えるその日まで

どうか世界よ続いてほしい

あなたの笑顔が見たいと思う
私が眠るまで隣で笑っていて欲しいと思う
ひとりで君が泣いていた私を見つけて照れくさそうに笑って手を振った

ああどうしてどうして私はこの手を離すのだろう
嫌い 嫌い 嫌い 嫌い

何も言えずに時は過ぎていく
勇気が無くて意気地が無くて私はいつも口だけで

あの明るい太陽も美しい月も私には眩しくて
届かない言葉を書いては消した
嘘だらけの手紙

ああこのうすい皮を剥ぎたい
醜い私をいつか誰かが罰するだろう
偽者の私をいつか誰かがあざ笑うだろう
私の涙が尽き果てて
私の躯が燃えるその日まで

どうか世界よ続いてほしい