北の鴎唄 – 鳥羽一郎

山背(やませ)が吠えれば こころも時化(しけ)る
今夜はお前と 朝まで酒づかり
荒くれ海にはョー 船もなく
カモメが凍(こご)えてョー 鳴くばかり
やん衆の港は
浜の女が情けの炎(ひ)を燃やす
ヤーレンソーラン 飲み明かせ
明日(あした)は別れる お前でも
今夜はどっぷり 惚れてやる

出たとこ勝負の 男の海は
命も宝も オンボロ船まかせ
情けをかければョー 辛くなる
未練は波間にョー 捨てて行け
やん衆のこころは
陸(おか)のカッパとひと味違うだろ
ヤーレンソーラン 風よ吹け
荒らくれ権蔵(ごんぞう)の 深なさけ
今夜はびっしり みせてやる

ヤーレンソーラン 海よ哭(な)け
最初で最後の 夜だから
今夜はぎっちり 抱いてやる

コメントを残す